【2020年版】主夫におすすめ在宅ワーク13選!これで無理ならあきらめてください!!

キシリトールは子どもに危険?メリットとデメリットを解説!

2020 5/18
キシリトールは子どもに危険?メリットとデメリットを解説!

キシリトールって、効果あるんですか?

キシリトールの効果は分かるんですが、子どもにはどうなの?

キシリトールって、子どもには副作用があるんですか?

この記事は、このような疑問に答えられる記事となっています。

虫歯予防に大切なキシリトール。

そんなキシリトールの重要性は、みんなが知るところです。

しかし、そんなキシリトールですが、メリットもありますが、実は子どもに使用すると、思わぬ副作用があるんです。

パパのアイコン画像パパ
え?キシリトールって、大人も子どもも使ったらいいんじゃないですか?
かずきのアイコン画像かずき
ただ使えばいいってもんじゃないんです

この記事で、子どもにキシリトールを使う副作用やデメリットをしっかりと学んだ上で使うようにしましょう。

MENU

キシリトールの効果は?

まず、キシリトールの効果から見ていきましょう。

虫歯の原因となる「酸」を作らない

キシリトールの1つ目の効果は、虫歯の原因となる「酸」を作らないことです。

虫歯菌の数を減らす

キシリトールは、虫歯菌を選らしてくれます。

再石灰化を促す

キシリトールは、再石灰を促してくれます。

再石灰とは?

虫歯になりかけた部分を元に戻す!

口内環境を改善できる

キシリトールを1~2週間摂り続けると、口内環境を整えることができます。

キシリトールをかむことで、プラーク(歯石)を取ることができ、虫歯になりにくくなります。

3か月も継続すると、虫歯になりにくい歯になり、虫歯予防になります。

キシリトールの効果的な取り方は?

キシリトールは効果的な取り方があります。

一日3回は使用する。

キシリトールは、1日に3回使うようにしましょう。

キシリトールには、再石灰を促すこうかがあります。

食事をしたら、口の中が酸性に傾きます。

そうなると、歯が削られやすい状況になります。

その酸性の削られやすい状況から、キシリトールが元の状態に戻してくれるんです。

だから、食後の3回は摂取すると効果的です。

毎日摂取する

キシリトールは、毎日摂取するようにしましょう。

食後や間食の後に摂る

キシリトールガムは、食後や間食の間に摂ると効果的です。

キシリトール商品の選び方は?

キシリトール商品はどのように選んだらいいのでしょうか?

キシリトールは、使用されている甘味料の50%以上がキシリトールであるもの!

キシリトール商品の原材料を見ると、キシリトールの含有量が分かります。

キシリトールが半分以上含まれているものを選ぶようにしましょう。

オススメの商品は?

歯医者さんが勧める商品があります。

100%のキシリトールガムは、歯科医院でしか買うことができません。

ネットなら購入することができます。

このキシリトール100%のガムがオススメですね。

キシリトールガムは適切に使えば、効果的に虫歯を予防することができますが、子どもに与えるには、注意が必要です。

子どもに与えるには注意が必要

子どもにキシリトールを与えるには、注意が必要です。

メリットばかりではなく、確実にデメリットも存在します。

デメリット1:下痢になる

キシリトールガムを食べると、下痢になる可能性があります。

これは、子どもの身体によりますので、キシリトールを与えた後は、子どもの身体に気を合ってみて下さい。

子どもの便が緩く下痢のような症状があるのなら、すぐにキシリトールの摂取を辞めて様子を見て下さい。

虫歯を予防する方法はキシリトールだけではありませんので、絶対に食べないといけないものではありません。

身体に合わなければ、使用を中止してください。

デメリット2:甘いものに慣れてしまう

キシリトールガムは、甘味料が入っていない物も売られています。

しかし、甘味料が入っていないからと言って、全く甘くないかと言えばそうではありません。

どんなキシリトールでも、ほんのりした甘さがあります。

キシリトールは、食後に食べると効果的ですが、子どもが食後に甘いものを食べる習慣がついてしまう可能性があります。

甘いものを食べる習慣がついてしまうと、キシリトールがなくなってしまったときに、ついつい虫歯の危険性のあるものを口にしてしまいます。

そうならないように注意しましょう。

デメリット3:長期間続けなければいけない

3つ目のデメリットは、長期間使用しなければいけないことです。

キシリトールがの習慣は、短くても3か月は使用を続けないと効果が実感できません。

また、効果がでてきてからも、途中で使用を辞めてしまうと、キシリトールの効果が上手に発揮されません。

子どもにとって、これだけ3か月という長期間使用することは、なかなか難しいことです。

まとめ:キシリトールは子どもに危険?

キシリトールのメリットとデメリットがそれぞれ分かったと思います。

キシリトールは子どもにとって危険ではありません。

しかし、現在しっかりと歯が磨けていて、歯磨きの習慣がついている人は、無理に使用する必要はありません。

キシリトールのデメリットももちろんあります。

子どもの口腔環境や歯磨き習慣とメリット・デメリットを比較してみて、使用してもよさそうなら、使ってみて下さい。

かずきのアイコン画像かずき
最後まで読んでくれてありがとうございます。ブログの更新情報は、Twitterで発信しています。ぜひとも、かずき(@kosodateriron)をフォローしてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

MENU
閉じる