【2020年版】主夫におすすめ在宅ワーク13選!これで無理ならあきらめてください!!

WordPressテーマの変更!JINからSWELLに変更する時の手順まとめ

2020 5/13
WordPressテーマの変更!JINからSWELLに変更する時の手順まとめ

このたび、WordPressテーマをJINからSWELLに変更しました。

何回かWordPressテーマを変えたことがありますが、今回が一番簡単でした。

正直、WordPressテーマを変更する前は、こんなこと思っていました。

・デザインが崩れたりしないか心配。

・細かいコード(CSS等)やプラグインなど、専門的なことが分からないし、どうしようかな。

・アクセス解析ツールの再設定がめんどくさいな。

そんな心配は無用でした。

かずきのアイコン画像かずき

思ったより簡単に移行できてびっくりしています。

これも、SWELLの開発者の了さんのおかげです。

簡単にできたといっても、忘れてしまうのが人間。

だからこそ、自分自身が忘れないためにも、この記事にまとめておきたいと思います。

この記事では、ワードプレステーマの移行手順(JIN→SWELL)についてまとめてあります。

JINからSWELLに変更する方のお力になれれば幸いです。

こんな方はぜひ参考にしてください。

・JINからSWELLに変えようかと考えている人。

・WordPressテーマの移行手順を知りたい人。

・SWELLを使用しようと考えている人。

SWELLはとっても魅力的なWordPressテーマ。その魅力をこの2つの記事にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

WordPressテーマ”SWELL”の8割は優しさでできている!

話題沸騰中のWordPressテーマ”SWELL”の魅力を徹底レビュー!

MENU

WordPressテーマ変更の手順

今回、WordPressテーマをJINからSWELLに変更した時の手順は、こんな感じです。

  1. データのバックアップ
  2. 新テーマ(SWELL)の購入
  3. WordPressテーマのインストール
  4. JINからSWELLへの変更用プラグインのダウンロード
  5. SWELLに適したプラグインの確認
  6. アクセス解析ツールの再設定
  7. アドセンス広告の張り直し

ちなみに、私がWordPressテーマの変更をした時の状況はこちらです。

・WordPressテーマはJINを使用

・記事数は150記事程

・15種類くらいのプラグインを導入

・Google AdSenseの広告の設置

・細かいコード(CSS等)は、ほとんどいじっていない

私は、初期設定からはあまりいじっていませんが、デザインや細かなコードなどを変更している人は、時間が余計にかかるかもしれません。

WordPressテーマの移行は、時間がかかることを想定して、たっぷりと時間がある時にやりましょう。

すんなりテーマ移行できたとしても、基本設定を書き直したり、トップページのデザインを変更していると、あっという間に時間が過ぎていきます。

かずきのアイコン画像かずき

私は、子育てをしながらでしたので、夜中にやりました。

子どもがいる前でやってしまうと、集中できないし、どこまでやっていたのか分からなくなってしまいます。

誰にも邪魔されずに一気にやってしまいましょう。

WordPressテーマ変更(JIN→SWELL)でやったこと

では、実際に行ったことをそれぞれ、解説していきます。

①バックアップ

まず、データのバックアップをとります。

記事数も多い方や、独自にカスタマイズしている方は、特に要注意!

テーマの関しての設定やカスタマイズした内容が、引き継がれない可能性があるので、バックアップはマストです。

私は、こちらの記事(https://webst8.com/blog/wordpress-backup-plugin/) を参考に「BackWPup」というプラグインを使いました。

「BackWPup」の公式サイトはこちらから:https://webst8.com/blog/wordpress-backup-plugin/

②テーマ(SWELL)の購入

バックアップが終わったら、新しいテーマ(SWELL)を購入しましょう。

公式サイト(https://swell-theme.com/download/)から購入することができます。

「利用規約に同意します。」にチェックを入れて、「SWELLを購入する」をクリック。

必要情報を記入して、購入しましょう。

購入すると、登録したメールアドレスにメールが届きます。

「ダウンロードリンク」をクリックして、ファイルをダウンロードしましょう。

ダウンロードしたファイルは、Zip形式になっています。

WordPressテーマ(親テーマ)のインストール

次に、ダウンロードリンクからダウンロードしたファイルをインストールしましょう。

インストール方法は、公式サイトのWordPressテーマ「SWELL」をインストールする方法に詳しく載っています。

ママのアイコン画像ママ

あんた、さっきから、公式サイトに頼ってばっかりで、自分で何もまとめてないじゃん。

かずきのアイコン画像かずき

だって、わざわざ自分でまとめなくても、公式サイトの方が丁寧だし。

「親テーマ」だけでなく、「子テーマ」も同様にダウンロードしましょう。

子テーマのインストールはこちらから(https://swell-theme.com/download/swell-child/) 

*親テーマと子テーマをダウンロードしましたが、子テーマを有効化しましょう。

テーマ変更はこれで終わりです。

公式サイトのおかげで、超簡単でした。

有効化した後に、サイトの基本設定などを書く必要がありますが、この記事では詳しく書いていません。ごめんなさいm(__)m

親テーマ、子テーマって何ですか?って方は、サルワカさんのこちらの記事(https://saruwakakun.com/sango/child-theme)にとっても分かりやすくまとめてありました。

素人の私が解説するよりも、はるかに分かりやすいですね。

④JINへ変更用プラグインのダウンロード

テーマのインストールが終わったら、JINからSWELLに変更する際に必要な、専用プラグインをダウンロードしましょう。

公式サイトのサポート用プラグイン一覧(https://swell-theme.com/limited/1257/)から、サポート用プラグインがダウンロードできます。

このプラグインのおかげで、私のサイトは、デザインが崩れたり、記事内の装飾がおかしくなることはありませんでした。

かずきのアイコン画像かずき

ぶっちゃけ、デザインなどが崩れて、全ての記事をリライトしないといけなかったら、テーマ変更してなかったかも。

ダウンロードしたら、ファイルをインストールしましょう。

「プラグイン」をクリックして、「新規追加」をクリックします。
「プラグインのアップロード」をクリックして、「参照」から、ダウンロードしたファイルを選択します。
「今すぐインストール」をクリックすると、JINからSWELLに変更用のプラグインがインストールできます。
「有効化」して終わりです。

⑤その他プラグインの再設定

JINからSWELLへの変更用プラグインが有効化できたら、SWELLに適したプラグインを導入しましょう。

また、不必要なプラグインも確認して、停止しましょう。

SWELLに適したプラグインは、公式サイト(https://swell-theme.com/basic-setting/4688/)に詳しく載っています。

基本的には、公式サイトに沿って設定したらOKです。

ちなみに、私が今まで導入していたプラグインで、不必要となったのはこの5つ。

・Table of Contents Plus

・Lazy Load

・WordPress Popular Posts

・AddQuicktag

・EWWW Image Optimizer

かなりスッキリしました。

続いて導入したのは、「SEO SIMPLE PACK」

SWELLの開発者の了さんが開発しているので、必須かと思われます。

⑥アクセス解析ツールの再設定

必要なプラグインの導入が済んだら、アクセス解析ツールの再設定をしましょう。

私が再設定したのは、次の2つ。(Google AdSenseについて後述)

  1. Google Analytics
  2. Google Search Console

再設定を忘れてしまうと、PV数がちゃんと計測されないなんてこともあるので、必ず再設定しておきましょう。

Google Analyticsの再設定

Google Analyticsの再設定手順は、こんな感じです。

1:トラッキングIDの取得

2:SWELLにIDを設置

Google AnalyticsのトラッキングIDは、「管理」画面の中にあります。

「管理」を押すと、下記の画面になるので、その中の「トラッキング情報」をクリックします。

クリックすると、「トラッキングコード」が出てくるので、クリックします。
「トラッキングID」をコピーします。

次に、Google AnalyticsのトラッキングIDを設置していきます。

「SEO PACK」をクリックすると、一般設定の画面になります。

その中の「Googleアナリティクス」をクリックすると、「トラッキングID」を設置するところがあります。

そこに、先ほどコピーしたトラッキングIDを張り付けます。

設定が終わったら、「変更を保存する」も忘れずに押して下さい。

かずきのアイコン画像かずき

これで、Google Analyticsの再設定が終わりました。簡単でした。

Google Search Consoleの再設定

次に、Google Search Consoleの再設定をしていきましょう。

「設定」をクリック。

「所有者の確認」をクリック。
下記の画像は、所有者を確認済みになっていますが、この画面の「HTMLタグ」をクリックします。

この画面とは違いますが、「その他の確認方法」の中に、「HTMLタグ」があると思います。

「メタタグ」をコピーして下さい。

この時点では、画面下の「確認」は押さないで下さい。

コピーできたら、ワードプレスに設置していきます。

「SEO PACK」をクリックし、「ウエブマスターツール」をクリックします。

「Googleサーチコンソール」に先ほどコピーした「メタタグ」を張り付けます。

「設定を保存する」もクリックしてください。

ここまでできたら、Google Search Consoleに戻り、先ほど押さなかった「確認」を押しましょう。

Google Search Consoleの設定を確認し、「所有者の権限」の欄に「あなたは確認済みの所有者です」となっていれば、設定完了です。

このメタタグですが、「外観」→「カスタマイズ」→「高度な設定」→「</head>直前」に張り付けても、設定することができます。

⑦アドセンス広告の再設置

アクセス解析ツールの再設定が終わったら、アドセンス広告も再設置しましょう。

SWELLの場合、アドセンス広告の設置は「SWELL設定」から行います。

「広告コード」をクリックすると、設置画面になります。

それぞれ設置するところに、広告こーどを張り付け、「変更を保存」をクリックすると設置完了です。

JINからSWELLに変更する時の手順のまとめ

JINからSWELLに変更する時の手順や、私が手間取ったポイントを解説しました。

もっと移行に時間がかかると思いましたが、思いのほか短時間でできました。

移行して使用してみての感想ですが、最高です。

かずきのアイコン画像かずき

毎日、ブログを更新するのが楽しみでしょうかがない。

気が付けば、毎日SWELLを触っています。

SWELLの魅力についてはこちらの記事(https://kosodateriron.com/swell-review/)を読んでみてください。

まだまだSWELLの潜在能力を引き出せていませんが、これからの引き続き勉強していこうと思います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

MENU
閉じる