【2020年版】主夫におすすめ在宅ワーク13選!これで無理ならあきらめてください!!

WordPressテーマ【SWELL】の魅力を徹底レビュー!最高に使いやすい

2020 5/18
WordPressテーマ【SWELL】の魅力を徹底レビュー!最高に使いやすい

このブログのWordPressテーマを「JIN」から、今人気沸騰中の「SWELL」に変更しました。

結論から言うと、SWELLは最高です。

今まで、いくつかWordPressテーマを使ってきましたが、その中で一番良い!

「ブログは内容が勝負」と言われてきている中で、WordPressテーマの差は、小さくなってきています。

が、ここまで他との違いを出せて素晴らしいと思えるテーマは珍しい。

かずきのアイコン画像かずき

何がすごいかって、楽しいんですよ。

ブログの楽しさを再認識させてくれたSWELL様、そして開発者の了様、ありがとうございます。

ということで、この記事で、WordPressテーマ「SWELL」についてレビューします。

・WordPressテーマってどれが良いの?

・めんどくさい設定とかしたくない。でも、きれいなブログにしたい。

・ブロックエディターを使いこなしたい。

こんな感じの人は、ぜひおすすめです。

この記事を読んで、WordPressテーマ「SWELL」を購入する際の参考にしてください。

\ SWELL公式サイトはこちら /

MENU

WordPress テーマを「JIN」から「SWELL」へ変えた理由

私は、「SWELL」に変える前は、「JIN」を1年程使っていました。

特に、不満があったわけではありませんが、なぜか自分のブログを心から好きになれませんでした。

JINは本当に良いテーマだと思いますし、好きになれなかったのは、本当に自分の責任です。

申し訳ありません。m(__)m

もんもんとしながら、ブログを書いていたわけです。

そんな中、現れた「SWELL」。

かずきのアイコン画像かずき

なんだ、この感覚。なんだか、ワクワクする。

そう、「JIN」から「SWELL」に乗り換えた一番の理由は「ワクワク」したからです。

ブログを書いていて、しばらく遠のいていたワクワク感。

ブログって楽しいだけじゃ続かないけど、楽しくなければ続かない。

結局、ワクワクを抑えられず、3時間悩んだ結果、購入していました。

そして、「SWELL」に変えて1週間。大正解です。

ブログの楽しさを思い出させてくれた「SWELL」と開発者の了さんには、感謝しかありません。

開発者の了さんの思いである、「ブログを簡単に・楽しく・素早く書けるように。」

かずきのアイコン画像かずき

はい。完全にやられました。

約1年前、使い勝手が悪すぎて断念したブロックエディターが、こんなにも使いやすいとは。

気のせいか、以前よりも、簡単に使える!

しかも、使っていて楽しい。

開発者の了さんの罠に、まんまと引っかかりました。(笑)

SWELL使い始めてまだ1週間ですが、この書きたい気持ちを抑えきれず、SWELLの魅力をまとめてみます。

\ SWELL公式サイトはこちら /

WordPressテーマ「SWELL」の魅力は?

WordPressテーマの「SWELL」を使い始めて1週間。

早くもその魅力に取りつかれています。

かずきのアイコン画像かずき

はい、寝不足です。だって、楽しいんですもん。

このワクワク感、久しぶりです。

このワクワク感、初恋のあの人と初めて手をつないだ時以来、、、ってことはないけど。

前置きはこれくらいで、SWELLの魅力について語っちゃいます。

SWELLの魅力その1:デザインが素敵

「SWELL」を一目見て思いました。

なんか、デザインがすごない!?( ;∀;)

・シンプルなのにキレイ!

・キレイなのにカッコイイ!

・カッコいいのにシンプル!

つまり、神!

今まで使っていたJINも本当に素敵なテーマでした。

でも、なぜか目を奪われる「SWELL」のデザイン。

公式サイトを見てもデモサイトを見ても、全部が全部ステキ。

公式サイトより:https://swell-theme.com/demos/

こんなきれいなブログを作りたい。そう思えるデザインです。

SWELLの魅力その2:ブログのデザイン変更が超簡単

私は、このSWELLを使う前は、JIN、Simplicity2、Cocoonなどを使っていました。

色んなWordPressテーマを使ったわけですが、デザイン変更や記事内の装飾など「SWELL」が一番簡単に設定できます。

「SWELL」には、テーマカスタマイザーという機能があって、基本的にはそこからデザインの変更ができます。

細かいコード(HTMLやCSS)をいじる必要もありません。

HTMLやCSSについて全く分からない私でも、もちろんブログ初心者の方でも、思い描いたようなきれいなブログが作れます。

専門的な知識は必要ありません。

今まで、カスタマイズするのにどれだけの時間を割いてきたか!

もっと早くに出会いたかった、というのが正直なところです。

SWELLの魅力その3:ブロックエディターが簡単に使える

SWELLは、Gutenberg(グーテンベルグ)という「ブロックエディター」に対応しています。

実は、以前JINを使っていた時、私も少しだけブロックエディターを使っていました。

が、妥協しました。( 一一)

全く使い方が分かりませんでした。

一生懸命頑張ったものの、3時間で妥協して、クラシックエディタに戻してしまいました。

ところがどっこい、今回、SWELLに変更したのと同時に、気持ちも新たにブロックエディターに再挑戦。

かずきのアイコン画像かずき

なぜだ?なぜか、使える。なぜだ?

公式サイトより:https://swell-theme.com

ここに載っているものは、ほぼワンクリックでできてしまいます。

慣れるまでには少し時間がかかりましたが、約3時間でクラシックエディタと同じように記事が書けるようになりました。

ってか、むしろ、クラシックエディターよりGutenbergに完全対応したSWELLのほうが、書くの楽じゃね!

・吹き出し。

・アイコン付きの枠線。

・マーカー。

・文字色。

こんなものも、超簡単にワンクリックでできてしまいます。

かずきのアイコン画像かずき

こんな吹き出しも、

こんな枠線も、

こんなマーカーも

文字の大きさや色も
ワンクリックで簡単にできます。

「なんか、クラシックエディターよりも簡単にできる。楽しい。」というのが、率直な感想です。

SWELLでブロックエディタを使うようになって、いまいち分からないHTMLやCSSのせいで、スタイルが崩れる心配もなくなりました。

あれもこれも、SWELLのおかげです。感謝です。

SWELLの魅力その4:テーマの乗り換えがスムーズ

WordPressテーマ「SWELL」は、他のテーマからの移行がとてもスムーズです。

かずきのアイコン画像かずき

というか、超簡単です。

今回、JINからSWELLに変更したわけですが、乗り換えるかどうか3時間悩みました。

何で悩んだかと言うと、テーマを変更する時に、デザインが崩れたりコードを書き換えなければいけなかったり、めんどくさい作業が嫌だったからです。

でも、調べてみたらそうじゃなかった。

乗り換えが、超絶簡単!

え?こんな簡単で良いんですか?お金払いましょうか?って感じです。(払いませんけどね、、、)

  • テーマ移行が超簡単
  • デザインが崩れる心配なし。
  • コードを書き換えたりする必要もなし。。

乗り換えするためにしたことは、乗り換え用のプラグインをダウンロードしただけ。

このプラグインがなければ、確実に、乗り換えはしていませんでした。

乗り換えサポートしているテーマは、

・Cocoon

・JIN

・SANGO

・STORK

・THE THOR

私も、このプラグインを使ってJINからSWELLに乗り換えました。

過去の150記事のデザインが崩れることなく、移行できました。

テーマ移行に関しては、公式サイトに詳しく載っていますので、確認してみて下さい。

\ SWELL公式サイトはこちら /

SWELLの魅力その5:無駄なプラグインがなくて設定が簡単

SWELLには、プラグインを導入しなくても、最初から必要な機能が備わっています。

公式サイトより:https://swell-theme.com/

例えば、

・目次(Table of Contents Plus

・高速化(Lazy Load

・吹き出し(Speech bubble

・人気記事作リスト(WordPress Popular Posts

こういったプラグインは、入れなくても大丈夫です。

プラグインが少ないということは、それだけ、サイトスピードが速いということです。

かずきのアイコン画像かずき

その速さも魅力の一つです。

私のサイトではありませんが、ここまで速いと文句なしですね。

私のブログでも、確実に速くなりました。

SWELLに変えた結果、

工夫を重ねれば、まだまだ速くなりそうですね。今から楽しみです。

まだまだ、魅力について書ききれないこともありますが、私が率直に感じた魅力をまとめてみました。

\ SWELL公式サイトはこちら /

魅力的なSWELLにデメリットがあるの?

かなり魅力的なSWELLですが、デメリットはあるのでしょうか。

デメリットを一生懸命考えてみました。(笑)

SWELLのデメリットその1:値段が高め

SWELLの値段は17,600円です。

ママのアイコン画像ママ

これだけ高いと、購入をためらってしまいますね。

SWELLは、他のWordPressテーマに比べて値段が高めであることは事実です。

比較してみても確かに高めですね。

SWALLOW : 9,900円

STORK : 10,800円

JIN : 14,800円 

THE THOR : 14,800円

AFFINGER5 : 14,800円

SWELL : 17,600円

賢威 : 24,800円

17,600円って、簡単には手が出ない金額です。

とくに、私のようにお小遣い(3万円/月)でブログを運営する“お小遣いいブロガー”にとっては、明らかに高い。

かずきのアイコン画像かずき

でも、お小遣いの半分を出してでも買いたかったんです。

ワクワクを抑えきれず、3時間悩み決めました。

金額がどうとかじゃなくて、手に入れたいWordPressテーマということです。

ただ、SWELLは、1度購入すれば複数のサイトで使うことが可能。制限もなし。

複数のサイトを運営している人はお得ですね。

開発者が個人

開発者が個人ということで、気になる方もいます。

開発者が1人の場合、一般的なことを言うと、何かトラブルが起きた時に対応できることが限られます。

法人や複数で開発していれば、責任も分担できますし、対応できる範囲も大きくなります。

かずきのアイコン画像かずき

って言っても、個人的には、全然気にしていません。

だって、開発者の了さん、対応がかなり速いみたいで、不便を感じている人がいないと推測します。

アップデートも頻繁に行われています。

無問題!!

\ SWELL公式サイトはこちら /

SWELLの良い評判や口コミは?

続いては、良い口コミです。

まとめ:WordPressテーマ【SWELL】の魅力

WordPressテーマ【SWELL】の魅力について書いてきたわけですが、本当に変更して良かった。

ブログ書くの楽しいって気持ちにさせてくれたSWELLと了さんには、感謝しかありません。

この記事が、WordPressテーマ【SWELL】購入の参考になれば幸いです。

\ SWELL公式サイトはこちら /

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

MENU
閉じる