【2020年版】主夫におすすめ在宅ワーク13選!これで無理ならあきらめてください!!

【2020年】小学生の男の子が使う文房具17選!プレゼントにも最適

2020 5/17
【2020年】小学生の男の子が使う文房具17選!プレゼントにも最適

・小学生の男の子が使う文房具で、おすすめはありますか?

ずばり、このお悩みを3分12秒で解決します。

日々進化し続ける文房具。数年もすれば、昔にはなかったような画期的で便利な文房具が開発されています。

3人の我が子(男の子)が通っている小学校では、昔ながらの文房具を使っていますが、最近の便利な文房具を使えば、勉強がかなりはかどります。

文房具や勉強に興味のない小学生低学年の男子でも使える文房具もたくさん売られています。

子どもの勉強に困っている方ほど、文房具を相棒にするとこと、解決できるかもしれません。

我が子も、最近の文房具を使うことで、何とか自宅での勉強の習慣をつけることができています。

この記事では、小学生の男の子が使うおすすめ文房具を紹介しています。

子育てで困ったときほど、最新の文房具に頼ってみてください。

また、小学生の男の子へのプレゼントにも最適です。

MENU

小学生男子の文房具:何が必要なの?

実際に、最近の便利な文房具を紹介する前に、小学生の男の子には、どのような文房具が必要なのか、振り返ってみましょう。

小学生が必要な主な文房具一覧

*①~④は毎日学校で使う文房具。⑤~⑩は学校のお道具箱に入れて置く文房具。それ以外は、必ず家に置いておきたい文房具。

  1. 筆箱
  2. 鉛筆
  3. 定規
  4. 消しゴム
  5. ハサミ
  6. のり
  7. 色鉛筆
  8. セロハンテープ
  9. コンパス
  10. ホチキス
  11. 鉛筆削り
  12. 油性ペン
  13. カッター

リストにすると、結構たくさんあります。

探すと、小学生の文房具セットみたいなものもありますので、まったく文房具がない場合は、セットを買うと便利です。

小学生の男の子の文房具を選ぶ時の注意点

小学生の男の子の文房具を選ぶ時には、いくつか注意点があります。大きく分けると次の3つです。

  1. 男の子の性格に合っているか。
  2. 学校の規則に沿っているか。
  3. 使っていてストレスがない。

それぞれ詳しく説明します。

男の子の性格に合っているか

男の子が使う文房具を選ぶ時には、男の子の性格に合った文房具を選んであげましょう。

私の3人の子どもも、子どもながらに男の子なのか、女の子っぽい文房具は使ってくれませんでした。

男の子の文房具は、女の子が使うようなものやカッコ悪いものはNG!

できれば、男の子が好きなキャラクターものやスポーツメーカーのロゴが入った文房具のほうが、よく使ってくれます。

男の子が好んで使う文房具!

  • 自分が好きなキャラクター。
  • スポーツメーカーなどのロゴが入ったもの。
  • 男の子っぽいもの。

学校の規則に沿っているか

男の子の文房具を選ぶ時には、学校の規則やルールもしっかりと確認しておきましょう。

せっかく買ったのに、学校が使用を禁止するもだと、買いなおす必要があります。

例えば、こんなルールや規則があります。

  • キャラクターが書かれている文房具はダメ
  • 派手なものダメ
  • そもそも学校指定のものがある

学校によって、いろんなルールや規則があるので、購入する前に、学校説明会などで確認しておくと、混乱せず買うことができます。

使っていってストレスがないか

文房具は毎日使うものなので、なるべくストレスを感じない文房具がおすすめです。

我が子には、始めは安い消しゴムを使わせていたのですが、消しにくかったみたいで、よくプリントやノートを破ってしまっていました。

毎日使うものなので、なるべく使いやすいストレスのない文房具を選びましょう。

以上の3点に注意しながら買うと、間違いありません。

では、小学生の男の子におすすめの文房具を紹介します。

小学生の男の子におすすめの文房具

小学生の男の子に合った人気の文房具を紹介します。

おすすめ文房具①:筆箱

筆箱は、小学生にとって、絶対必要なものです。

安いものでも大丈夫ですが、長く使おうと思ったら、それなりの値段をするもののほうがいいです。

我が子は、今年5年生になりますが、まだ小学1年生の時に買ったプーマの筆箱を使っています。

男の子には、メーカーものが人気ですが、学校が高額な筆箱を禁止している可能性もあるので、確認しておくと間違いがありません。

おすすめ文房具②:鉛筆

鉛筆は安いものから高いものまでピンキリですが、男の子が気に入るものを使うのが一番です。

個人的に鉛筆を選ぶポイントは、2点です。

  1. 小学生は筆圧が弱いので「2B」の濃さを買う。
  2. 鉛筆の芯がすぐに折れない日本製を買う。

小学生の文房具は、持ち物すべてに名前を入れる必要があるので、「名前入りの鉛筆」を購入すると便利!

ママのアイコン画像ママ

ただでさえ忙しいのに、名前を入れるのは、本当に辛い作業でした。

おすすめ文房具③:定規

定規を選ぶ時には、なるべく透明なものを選びましょう。

色がついていると、見えなくて線が引きにくくなります。

小学3年生くらいから、定規だけでなく三角定規や分度器が必要になりますので、セットで買っておくと便利です。

おすすめ文房具④:消しゴム

消しゴムを選ぶ基準は、ダントツで「消しやすさ」です。

消しやすさ=子どもの弱い力で消せるかどうか

消しゴムが消しにくいと、何回もゴシゴシと消すときに、ノートやプリントが破れてしまいます。

我が子も、何回も破いてしまって、その度に勉強がストップしてしまいました。

おすすめの消しゴムは、やはりトンボの「MONO」です。

おすすめ文房具⑤:ハサミ

ハサミも必要な文房具です。

最初は、子ども用のハサミを購入することをおすすめします。

大人用のハサミは持つところが大きいので、子どもには不向きです。

ペン型のハサミもおすすめです。

ママのアイコン画像ママ

何より、使いやすいし、かさばらない。

ペン型なので、筆箱に入れても、かさばることがありません。

また、従来のペンのように、右利き用左利きの用ということがありません。

左利き右利きのどちらでも使用することができます。

おすすめ文房具⑥:のり

のりを選ぶ時には、スティックのりか水のりか、学校でどちらが推奨されているか、確認しましょう。

どちらでもいい場合は、スティックのりの方がおすすめです。

水のりは粘着力が強いですが、子どもが使うと汚れたり、ふたが開いていてこぼれたりします。

かずきのアイコン画像かずき

こぼれていた時の何とも言えない感じ、数回味わいました。

おすすめ文房具⑦:色鉛筆

色鉛筆も、小学生には必要な文房具です。

色んな色鉛筆がありますが、折れにくいサクラクレパスがおすすめです。

しかも、名前を入れてくれるものもあるので、超便利です。

おすすめ文房具⑧:セロハンテープ

セロハンテープも準備したい文房具です。

セロハンテープは、正直何でもいいですね。

おすすめ文房具⑨:コンパス

使うのが難しくて、扱いにくいのがコンパスです。

コンパスで円を描くのが苦手な子どもはたくさんいます。

そんな子どもにおすすめなコンパスは、「くるんパス」です。

おすすめ文房具⑩ホチキス

ホチキスは、大きいものだと、扱いにくいので、コンパクトなものが、子どもには合っています。

また、はりを使わない安全なホチキスもあります。

おすすめ文房具⑪:鉛筆削り

鉛筆削りも、絶対に必要になる文房具です。

家に必ず置いておきましょう。

おすすめ文房具⑫:油性ペン

子どもの持ち物に名前を書くときに、必ず必要になるのが油性ペン!

家庭用と、子どもの筆箱に入れて置くのと、2つ用意しておきましょう。

おすすめ文房具⑬:カッター

学校でも必要になカッター。

夏休みの工作などでも必要になるので、子ども用に準備しておきましょう。

文房具の番外編:ここまで進化している文房具

必ず必要なものではありませんが、最近の文房具がかなり進化しているので、おすすめの文房具として紹介します。

おすすめ文房具⑭:0.2mmのシャーペン

ありそうでなかった「0.2mm」の細さのシャーペン。

通常の「0.5mm」より細いので、細かなところまで書くことができます。

また、このシャーペンは、芯を出さずに書けるので、芯が折れることがありません。

芯が折れてイライラすることもありません。

おすすめ文房具⑮:くるくるペンカッター

この文房具は神ってます。

自由自在に切れるカッター「くるくるペンカッター」です。

今までのカッターは直線しか切れませんでしたが、このカッターは手を切ることなく、自由自在に切ることができます。

かずきのアイコン画像かずき

刃先が回転することで、自由に切れるみたいです。

くるくるペンカッターの特徴

・下敷きなどの堅いものを下に引くことで、刃先が回転して切る仕組み。

・柔らかいものに押し当てても切ることができない。

・つまり、子どもが手を切ることがなく安全。

・直線だけでなく、曲線など自由に切ることができる。

おすすめ文房具⑯:チョイタス

続いて「チョイタス」。これも神ってますね。

ノートにプリントなどを貼ることがあります。

その時に、ノートに直接貼ってしまうと、その1ページは全く使用できなくなってしまいます。

それを解決するのが「チョイタス」

この「チョイタス」を使用して、ページにつなぐようにすると、ノートを無駄にすることなく、プリントを貼ることができます。

おすすめ文房具⑰:ノック式油性マジック

ありそうでなかったのが、ノック式油性マジック。

ノックをすれば、ペン先がでてきて、もう一度ノックをすれば、しまうことができます。

・キャップがなくなった。

・ペンの先が乾いて書くない。

こんなことで悩むこともなくなります。

まとめ:小学生の男の子におすすめの文房具17選

小学生の男の子におすすめの文房具を紹介しました。

小学生の男の子の文房具を選ぶ時の注意点を参考に、長く好んで使ってくれるものを選んでみましょう。

文房具を選ぶ注意点!

  1. 男の子の性格に合っているか。
  2. 学校の規則に沿っているか。
  3. 使っていてストレスがない。
  • 子どもが勉強嫌い
  • 勉強についていけない

こんなことで悩んでいる方ほど、文房具の力に頼ってみてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

MENU
閉じる