【2020年版】主夫におすすめ在宅ワーク13選!これで無理ならあきらめてください!!

【これで解決】子どもが運動不足になる4つの原因と解消する方法とは?

2020 5/06
【これで解決】子どもが運動不足になる4つの原因と解消する方法とは?

・子どもが運動不足で心配です。

・子どもの運動不足を解消する方法はありますか?

・子どもが運動不足だと、何か悪影響がありますか?

このようなことでお悩みの方、その悩みを4分21秒で解決します。

小さい時の運動は、体力がついたりストレス解消になったり、子どもが成長する上で欠かすことができません。

確実に、心身ともにガチで良い影響があります。

しかし、最近は、昔と比べて子どもが運動する機会が減ってきています。

ママのアイコン画像ママ

子どもの運動不足が、とても心配です。

運動不足になると、子どもに色んなデメリットがあるので、できるだけ早く対策をしたいところです。

実は、子どもの運動不足は、誰にでも解消できます。

この記事で、子どもの運動不足になる5つの原因を確認して、解決策を学び、子どもの運動不足を解消してあげましょう。

運動不足解消には、こちらの記事も参考にしてください。

【賢い親は知っている】子どもの外遊びはメリットしかない!

【超簡単】子どもの運動神経の悪さは遊びで解決?ママは何もする必要なし

【完全版】子どもの公園遊び!100倍楽しむ5つのヒント

休校中のストレス解消にはテントが最適!

MENU

子どもが運動不足になる4つの原因

子どもといえば、外で元気に遊んでいるイメージがありますが、最近は子どもが運動する時間が減り、運動不足が問題視されています。

そこで、まずは子どもが運動不足になる原因を4つにまとめました。

子どもが運動不足になる原因を考えると、子どもの運動不足解消に向けて、ヒントが見つかります。

運動不足の原因1:ゲームとスマホ

子どもが運動不足になる1番の原因がゲームとスマホです。

ゲームやスマホは、じっと座って行うものなので、ほとんど体を動かしません。

その分、エネルギーの消費量が少なく、家でばかり遊んでいると運動不足になっていしまいます。

また、ゲームやスマホには依存性があるので、子どもはどんどん、ゲームやスマホに依存して運動不足になっていきます。

運動不足の原因2:習い事

最近の子どもは、塾や習い事に費やす時間が多くあり、遊ぶ時間がありません。

学校以外での習い事や学習時間が増えることで、運動をする時間が減っています。

特に、早期教育に力を入れているママや、お受験をする子どもは、自然と遊ぶ時間が無くなってしまいます。

あわせて読みたい
教育ママは失敗する!子育てがうまくいかない5つの意外な理由とは?
教育ママは失敗する!子育てがうまくいかない5つの意外な理由とは?この記事を読むと、このような悩みが解決できます。だいたい3分ほどで読めます。・習い事をたくさんさせているのですが、あまり効果が見られません。・一生懸命子育てし...

確かに、習い事や学習の時間も大切ですが、、身体が発達する時期だからこそ、運動する時間も大切にしたいですね。

運動不足の原因3:遊び場が減っている

昔は、公園や川辺など自然の中に遊べるところがたくさんありました。

しかし、今は公園の数が減り、自由に遊べない所も増えています。

その結果、子どもの自然の遊び場が、あきらかに減っています。

遊ぶ場所がなくなれば当然遊ぶ機会も減ってしまいます。

運動不足の原因4:遊び相手が減っている

日本は現在少子化が進んでおり、子どもの数もどんどん減っています。

つまり、子どもの遊び相手が減っているということです。

遊び相手が減っている上に、仲の良い子が近くに住んでいなかったり、遊ぶ時間が合わなかったりして、子どもの運動不足が加速しています。

子どもの運動不足を解消する簡単な方法

子どもを取り巻く環境が変わっているため、それに伴って運動する機会も減っていることが分かりました。

子どもが運動不足にならないようにするためには、意識して、各家庭で運動する機会を用意するしかありません。

そこで、子どもの運動不足を解消する方法を5つご紹介します。

家で運動不足を解消

全然運動していない子どもは、まず家でできることを探してみましょう。

運動不足だからと言って、最初から激しい運動をすると、怪我をしてしまいます。

普段運動の習慣がある子どもでも、家でできることを覚えておくことで、ちょっとした体のメンテナンスにもつながります。

縄跳び

家で子どもの運動不足を解消するなら、縄跳びがおススメです。

縄を用意するだけで、家の玄関や庭で簡単にできます。

運動量も多いし、飛んだり縄を回したりと、意外と色々な動きをするので、運動不足解消にはもってこいです。

3人の我が子も、色んな技があるので、飽きずに続けています。

新た強い縄跳びの技ができるようになるたびに、充実感や達成感を感じながらやっています。

体を動かすゲーム

身体を動かすゲームを取り入れると、遊びながら運動不足を解消できます。

ゲームは、身体を動かす時間を奪う原因にもなりますが、使い方を工夫すると、運動不足を解消する道具として使えます。

こうした体を動かすゲームをすれば、室内にいてゲームをしながらでも運動不足を解消することができます。

飛び跳ねたり、走ったりするようなゲームの場合は、マンションやアパートに住んでいる方は、周りへの配慮が必要です。

ダンス

室内で行う運動として、ダンスもオススメです。

ダンスは全身を動かすので良い運動になります。

今はYouTubeやオンラインレッスンなどもあるので、自宅にいながら運動不足を解消することができます。

自宅でダンスの基礎を学んだり、有名な曲の振り付けを覚えたりすることで、ダンス教室に通わなくても踊れるようになります。

また、ダンスを通してリズム感や自分で振りを考える創作力もつきます。

外で運動不足を解消

家でも運動不足を解消できますが、やっぱり外で身体を動かすことをおススメします。

外で身体を動かすと、色んなメリットもあります。

・運動不足の解消

・きれいな空気が吸える

・自然を感じることができる

ママのアイコン画像ママ

外に出るしかないですね。

そんなメリットしかない、外での運動不足解消の方法を紹介します。

公園に行く

子どもの運動不足を解消したいなら、公園がガチでおすすめです。

色々な遊具を使って体のあちこちを動かしたり、追いかけっこをしたりと自然に体を動かすことができます。

家の中でできないことも、公園ならできることがたくさんあります。

公園には他の子どもがいるので、コミュニケーション能力を高められるというメリットもあります。

そんな公園遊びについては、こちらの記事(https://kosodateriron.com/play-in-the-park/)を参考にしてください。

散歩をする

歩くことでも、簡単に運動不足が解消できます。

子どもと一緒に、会話をしながら散歩する機会を作ると、色んな発見があります。

・子どもとのコミュニケーションになる。

・子どもの歩く速さが分かる。

・子どもの身体の観察できる。

普段とは違う子どもの一面を発見できます。

また、散歩は意識するといつでもできます。

・いつもは自転車で行っているスーパーに徒歩で行く。

・通ったことがない道を歩く。

・ふらっと何気なく歩く。

いつでもできます。

また、普段と違うことをすることで、新鮮な気持ちで楽しみながら運動ができます。

まとめ:【これで解決】子どもが運動不足になる5つの原因と解消する方法とは?

ゲームをする時間が増えたり、遊び場が少なくなったり、色んな要因によって子どもが運動不足になっています。

子どもは、適切な時期に適切な運動をしないと、心身ともに発達しません。

そのことを理解しながら、子どもが運動不足にならないように工夫して下さい。

子どもが運動不足かも?と感じたら、親から子どもへ働きかけることが大切です。

子どもの成長を願う親として、運動する機会を与えてあげましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

MENU
閉じる