【2020年版】主夫におすすめ在宅ワーク13選!これで無理ならあきらめてください!!

子育てにおける父親の役割とは?ガチで大切な5つのこと

2020 5/03
子育てにおける父親の役割とは?ガチで大切な5つのこと

子どもが生まれて父親になった時に、ぶっちゃけ何をしたらいいのか分からず悩んていませんか?

パパのアイコン画像パパ
そうなんです。ぶっちゃけ、私も本当に悩みました。何をしたらいいんだろうって。誰も教えてくれなかったしね。

今日は、いざ父親になったはいいものの、何をしたらいいのか分からないという人のために、子育てにおける父親の役割をまとめてみました。

今から紹介する、たった5つのことを意識するだけで、誰でも理想的な父親になることができるんです。

私も、この5つのことを意識しながら、子育てをしています。

この記事を読むと、子育てで何をしたら良いのか、迷わずに取り組めるようになります。

子育てにおける父親の役割

1、ママのサポートをする
2、子どもの遊び相手をする
3、子どもに社会性を教える
4、家族を守る存在となる
5、子どもの壁となる

MENU

父親と母親の役割の違いは?

まず、父親の役割を説明する前に、父親を母親のそれぞれの役割を考えてみましょう。

母親と父親の子育てにおける役割は、当然違います。

母親は父親の代わりになることはできませんし、父親も母親の代わりになることはできません。

一般的に言って、子どもは母親からの無償の愛を与えてもらうことによって、自分がこの世に生まれてきてよかったんだと思うようになります。

無償の愛を与えてあげると、子どもの自己肯定感も高くなります。

あわせて読みたい
自己肯定感が低い子どもに必要なたった1つのこととは?
自己肯定感が低い子どもに必要なたった1つのこととは?・子どもの自己肯定感って大事なの?・子どもの自己肯定感が低いとどうなるんですか?・子どもの自己肯定感を高めるためには、どうしたらいいんですか?この記事は、こ...

父親からは、知性や社会の仕組みやルールなど、を学ぶことができます。

母親しかできないことや父親にしかできないことがあるので、お互いがそれぞれに協力することが重要です。

では、子育てにおける父親の5つの役割を解説していきたいと思います。

父親の役割1:ママのサポートをする

父親の役割として一番大切なことは、ママの負担を軽くしてあげ、余裕をもって子育てをさせてあげることです。

これ、ガチで重要です。意外とこの重要性を認識できていない父親が多いので、注意してください。

パパのアイコン画像パパ
父親は仕事で、母親は家庭でいいんじゃないんですか?
かずきのアイコン画像かずき
違います。家庭の中にも、ちゃんと父親の役割があるんです。その役割の中で一番大切なことが、ママのサポートなんです。

特に、子どもが生まれてから1歳くらいまでは、父親として子どもに直接できることは限られています。

お風呂に入れたり、おむつを替えたり、抱っこをするくらいです。

母親はこの時期は、ほとんどの時間を赤ちゃんと共有します。

寝る時も、お風呂の時も、ご飯の時も、ほとんどお母さんと一緒です。

だから、この時期に母親からの愛情をたっぷりともらえるように、お母さんのサポートをしてあげて下さい。

子育てで重要なことは、お母さんが安定して、余裕を持って赤ちゃんと接することができるかどうかです。

ママの身体の変化も気にかけて!

子どもを産んでから数年前は、お母さんの身体も急激に変化します。

この時は、ホルモンバランが崩れたり、精神的に不安定になる時期でもあります。

だから、サポートすることに加えて、ママが一人になれる時間を意識的に作ってあげることも重要です。

父親の役割2:子どもの遊び相手をする

父親としての2つ目の役割は、子どもの遊び相手になることです。

子どもの遊び相手になるといっても、室内でゲームをしていてはダメです。

しっかりと公園などにいって、外で思いっきり身体を動かせるように、遊びましょう。

小さい時に、身体を動かして遊ばないと、せっかく得られる資質も、得られなくなってしまいます。

あわせて読みたい
【賢い親は知っている】子どもの外遊びはメリットしかない!
【賢い親は知っている】子どもの外遊びはメリットしかない!昔と比べて、子どもの外遊びが減っています。遊ぼうと思っていても、なかなか遊べないのが現実です。また、子どもが遊びたくても、遊べない環境になってきています。学...

また、子どもを遊びに連れて行ってあげるということが、母親の負担を軽くしてあげる方法でもあります。

たとえ数時間でも子どもと遊びに出ることは、ママに一人の時間をプレゼントすることにもつながります。

たまには、子どもを忘れる時間があったほうが、効果的に、子育てができます。

手抜き子育てのススメ~完璧主義からの脱却~

子どもが1歳くらいの時期は、父親としてできることは限られています。

しかし、1歳~2歳頃から、子どもはだんだんと母親から離れていき、父親の出番が増えます。

子どもが歩けるようになると、今まで以上に手がかかるようになります。

自分で歩けるようになるために、子どもの興味がより活発になります。

そんな時に、近くの公園に行き子どもと身体を動かして遊ぶようにしましょう。

私も、朝6時に起きて、子どもと公園に毎日のように行っていました。

とにかく、子どもの興味を遮ることなく、活発に遊ばせてください。

 

父親の役割3:子どもに社会性やルールを教える

子どもに社会性やルールを教えるのも、父親の仕事です。

子どもが小学生になると学校に通ったり集団行動をすることが増えます。

その時に、子どもの社会性を発達させるために、ぜひ父親が教えてあげて下さい。

学校のルールや社会の仕組みを教えたり、世の中の仕組み、そして勉強を教えてあげないといけない時期です。

パパのアイコン画像パパ
勉強??なんのことですか?苦手過ぎて分かりません。
かずきのアイコン画像かずき
勉強が苦手でも親としてできることはありますよ。
あわせて読みたい
勉強しなさいは逆効果?自主的に勉強する子どもに育てる方法とは?
勉強しなさいは逆効果?自主的に勉強する子どもに育てる方法とは?・子どもが全く勉強しません。・自主的に勉強する子どもに育てる方法はあるの?・子どもに効果的に勉強させるには、どうしたらいいの?このような悩みが4分44秒で解決で...
あわせて読みたい
家庭でできる小学生の英語勉強法!元高校英語教師が解説します!
家庭でできる小学生の英語勉強法!元高校英語教師が解説します!つまり、小学校でも科目として、勉強するということなんです。私は、小学校で英語を学ぶことに大反対です。本当にガチで反対です。でも、科目として学習する以上、その...

同時に、父親としては、地域や学校の行事などに積極的に参加するようにしてください。

そうすることで、子どもが父親の姿を見ているので、自然と社会性を身につけることもできます。

また、小学生の時期には、善悪の判断やルール、自意識が芽生えてくる頃です。

この時期にしっかりと判断できる資質を身につけさせてあげましょう。

父親の多くが、仕事をしていると思います。

その仕事によって、お金をもらうだけでなく、社会の一員となり、責任を果たしているということも教えることができます。

子どもは、社会の一員となって生活しているということを知りません。

そのような社会性を知らないで過ごすと、学校という公共の場においても、自分勝手に行動してしまうようになります。

多くの人のおかげで、自分が生活していけるんだという自覚を認識させることが重要です。

 

父親の役割4:家族を守る存在となる

家族を守ることも父親の役割です。

これは、お金を稼いで家族を守るというともそうです。

また、何かがあった時に身体を張って嫁と子どもを守ることも含まれます。

母親の精神的支柱になることも大切です。

母親は、子育てにいっぱいいっぱいになることもたくさんあります。

そんなときに、最後の砦として父親がいるだけでも、安心して落ち着いて、子育てができるようになります。

間違っても、もう一人の子どもにならないように、男らしさを発揮してください。

最終的な安心感を与えることができらた、きっと家族も安心して暮らすことができます。

 

父親の役割5:子どもの壁となる

子どもの壁となることも重要な役割です。

子どもは、社会や世間を甘く考えていることがあります。それも当然です。

社会に出たこともなければ、世間で働いたことがないからです。

その時に、世間の厳しさを教えてあげられるのは、父親の存在です。

父親が壁となることで、子どもの成長させてあげられるような存在にならないといけません。

子どもは、大人である父親を超えていくことで、世間で通用する力を身につけることができます。

子育て中の父親の役割のまとめ

子どもが生まれたけれど、何をしたらいいのか分からない人のために、父親の役割をまとめてみました。

子育てにおける父親の役割

1、ママのサポートをする
2、子どもの遊び相手をする
3、子どもに社会性を教える
4、家族を守る存在となる
5、子どもの壁となる

この5つを意識するだけで、嫁からも子どもからも理想的な父親になれますよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

MENU
閉じる