【2020年版】主夫におすすめ在宅ワーク13選!これで無理ならあきらめてください!!

主夫は本当に仕事に復帰できないのか考えてみた!【結論】復帰できる

2020 7/10
主夫は本当に仕事に復帰できないのか考えてみた!【結論】復帰できる

・一度主夫になったら、仕事に復帰できるか不安。

・主夫になるとキャリアがストップするので、仕事復帰できない。

この記事では、上記のような疑問に答えていこうと思います。

主夫になる一つのリスクとして、一度主夫になって仕事を退職したら、仕事に復帰しにくいってのがあります。

私も主夫になる前に、色々調べている時に、そんなことを考えていました。

主夫と言っても、一生働かないってことはなくて、必ず仕事に復帰する日が来ます。

その時に、本当に仕事に復帰できるかどうかは、誰しもが気になるところ。

この記事で、改めて、主夫は仕事に復帰しにくいのか考えてみました。

この記事の内容
MENU

主夫は仕事に復帰しにくいが、別に深刻にならなくてもいい

結論から言うと、主夫になったら、確かに仕事に復帰できないというリスクはあります。

が、別に深刻に考える必要は全くありません。

なぜなら、我が家の家計がこれ以上厳しくなることがないからです。

どんな仕事をしようと、働くと金銭的には楽になる。

主夫が仕事に復帰できるのかどうかを考える前に、大前提として、これ以上我が家の家計が厳しくなることはない、ってことはおさえておく必要があります。

だから、どんな仕事であれ、働きさえすれば、経済的には楽になるということ。

つまり、お金のために復帰してもいいし、やりがいのために復帰してもいい。

むしろ、復帰しなくてもいい。

働くことに対して、こんなに自由な考えができるのって、主夫だけです。

主夫って、世界で一番自由な人のことを言うという結論にたどり着きました。

復帰しにくい理由はたくさんある

とは言え、主夫が仕事に復帰しにくい理由はたくさんあります。

  • 仕事のブランクがある。
  • 以前身につけたスキルが通用しなくなる。
  • 会社での居場所がない。
  • 以前勤めていた会社より待遇が悪くなる。

色んな要因があって、仕事には復帰したくないってのが正直なところ。

雇う会社も、主夫をキャリアとして見てくれるところは、おそらくゼロです。

ブランクのある主夫を雇うほど、余裕のある会社は少ないのが現実。

一番復帰しにくい理由は自分自身

仕事に復帰しにくい理由はたくさんありますが、一番復帰しにくい理由は、恐らく自分自身にあります。

自分の気持ちが働くことについていけるかどうか。

これが一番の課題です。

だって、主夫としてこれだけ恵まれた生活をしておきながら、それを手放す勇気。

かずきのアイコン画像かずき

私にはありません。

好きな時間に読書して、好きな時間にブログを書く。

毎日充実以外の何ものでもありません。

そんな素敵な生活を捨ててまで、復職する理由は今のところ見つかりません。

我ながら、最低な主夫だと自負しています。

仕事はいくらでもある

とは言え、実際に復職するとなると、心配になる方も多くいます。

これも、そんなに心配することはありません。

数年後でも10年後でも、仕事はいくらでもあります。

ただし、選ばなければ、です。

仕事は、選ばなければいくらでもあります。

AIの台頭によって、今ある仕事はほとんどなくなるみたいに言われていますが、そんな世界はまだまだ先です。

むしろ、これからは人口減少の方が急速に進んでいくので、人手不足がもっと深刻なことになります。

私も、高校の教師をしていた時も、就職活動をしている高校生を見ると、かなりの売り手市場でした。

どこの会社も人手不足がやばい。つまり、AIの発展よりも、人口減少の方が速いということです。

教員のなり手もどんどん減っている

私の個人的な話になりますが、教員として10年勤めました。

そして、教員になりたい人も、極端に減っています。

勤めていた学校でも、3月になっても教員が見つからないなんてこともありました。

教員の仕事環境は、みんな知っての通り、そんなに良いイメージはないですよね。

いわゆる、ブラックです。

とは言え、他の民間の会社とそんなに違いはないかと思いますが、、、。

ただ、この環境がすぐに改善できるとは思いません。

だから、いざ数年後に復帰するとしても、人手不足が続いているので、多分復帰できる。

さすがに、いきなり正式に採用とまではいかなくても、常勤講師くらいはなれるはず。

それぐらい、現場は困窮しているのが現実です。

だから、特に仕事復帰について焦る必要はありません。

極論:復帰できなくてもいい

こう言ってしまえば、妻に非常に申し訳ないのですが、極論、仕事に復帰できなくても良いかなと思っています。

だって、今現在やっていけているから。

今以上にお金が必要になれば、バイトで小銭でも稼いだら良いだけの話。

主夫になった時には、復帰できるのか?なんて不安もありましたが、改めて考えると、今生活できているので、深刻に考えなくても大丈夫です。

まとめ:主夫でも仕事復職はできるし深刻に考えなくても良い

主夫の復職は、「心配ないさ~~~」ってのが私の答えです。

主夫でもなんとかなったので、妻と私と二人で働いたら、金銭的に悪くなることはまずない。

かずきのアイコン画像かずき

だから、そこまで深刻に考える必要もない。

仕事に復帰できるか分からないから、主夫をためらっている人、そんなの関係ないです。

辞めた後のことなんか考えずに。とりあえず主夫になっちゃえ、ってのが私なりの答え。

主夫としてやっていけるのだったら、仕事に復帰することも、お金を稼ぐことも簡単です。

ということで、もっと気楽に主夫になってみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

MENU
閉じる