【2020年版】主夫におすすめ在宅ワーク13選!これで無理ならあきらめてください!!

プロフィール

プロフィール

みなさん、はじめまして。主夫のかずき(@kosodateriron)です。

ここでは、このブログ「もっと気楽に主夫選択」と私のこと「かずき」について書いていきます。

MENU

もっと気楽に主夫選択について

このブログを運営する一番の目的は、「主夫になりたい人」を応援すること。

もっと気楽に主夫を選択できるように背中を押したいと思います。

主夫になる人って、特別な事情があって主夫をしている方がほとんどです。

・体調を崩して働けなくなってしまった。

・仕事と家庭の両立ができなかった。

・子どもがいて、妻がフルで働きたかった。

人の家庭の事情を他人がとやかくいう権利はありません。色んな事情があるのは、仕方のないことです。

私も、私も仕事と家庭の両立が無理だと思い、主夫になりました。

どちらかというとネガティブな感じで主夫になったんです。

でも、主夫になって思いました。

主夫って最高。

こんなことなら、もっと早くに主夫になるべきでした。

主夫になる前は、色んな不安がありましたが、主夫になってみたら無問題。問題なしです。

かずきのアイコン画像かずき

毎日楽しく過ごしています。

だからこそ、大きな声で言いたい。

もっと気楽に主夫になろうぜ!

体調壊すまで仕事したり、仕事と家庭の両立で限界を感じたり、そうなる前に主夫って選択をしてほしい。

もっと当たり前に、気楽に、「結婚したら、主夫になりたいどす。」って、言える人を増やしていきたい。

ということで、今よりももっと気楽に主夫になりたいって人を応援するためにブログ『もっと気楽に主夫選択』を運営しています。

主に発信していることは?

このブログでは、みんなの「主夫になりたい」を応援するために、主に以下のことについて書いています。

  1. 主夫の生態を知ってもらう。
  2. 主夫に興味ある人に主夫になってもらう。
  3. 主夫になった人に主夫を楽しでもらう。
①主夫を知る

まず、気楽に主夫について知っちゃってください。

  • 主夫って何?
  • どんなことするの?
  • 嫌なことあるの?
  • メリットとかデメリットとか知りたい。

そんな主夫にまつわることもぶっちゃけています。

②主夫になる

主夫について知って、興味も持てて「なんかいいかも」って思った方は、ぜひ主夫になりましょう。

主夫になるのは、そんなにハードルが高いものじゃありません。

どうやったら、スムーズに主夫になれるかもまとめてあります。

かずきのアイコン画像かずき

簡単に主夫になれますよ!

③主夫を楽しむ

主夫になったら、ぜひ主夫を楽しみましょう。

子どもが幼稚園にでも行ってくれたら、午前中はほぼすることがありません。

最高です。毎日筋トレやランニング、読書やブログを書いて楽しんでいます。

ということで、このブログを読めば、主夫のことを知れて、主夫になれて、主夫を楽しむことができます。

このブログを読んでくれた人が、「主夫になりたい」って思って、「主夫になった」って実現して、「主夫って最高」って思えるようなブログを目指しています。

最終的には、「主夫になりたい」って人が増えたらいいし、楽しそうだからっている気楽な理由で、主夫になってくれる人が増えたらいいなと思います。

って言っても、「お前誰やねん」ってなことで、私(かずき)のことについて、簡単に自己紹介したいと思います。

しばらくお付き合いください。

仕事人間でした

大学を卒業して、そのままストレートで教員採用試験に合格。10年間、高校で教師をしていました。

高校の時から付き合っていた妻と、大学卒業したその夏に結婚しました。

そうです。新任の教員が夏に結婚したんです。

どの職業も大変ですが、勤めた高校も、本当に大変でした。

  • とにかくやることが多い。
  • 平日も休日もクラブ活動があって、休みがない。
  • 朝早くから夜遅くまで、ずっと学校にいる。

結婚してすぐに、子どもを妊娠し、無事に長男も生まれました。

妻の中では、結婚・妊娠・出産と、とにかく心境の変化が大きくありましたが、私の方はと言うと、、、、。

そんな妻の変化に気付かないくらい、仕事しかしていませんでした。

妻の限界

結婚して7年、ある日のこと。ちょうど一番下の4番目の長女が生まれて数か月した時です。

妻が真剣な顔して、私に話してきました。

と同時に、離婚届を突き付けられました。

  • 家事と育児を全部一人でやっている。
  • 私と関わる時間がほとんどない。
  • 毎日一人で過ごしているみたいで、我慢の限界。

等々、いわゆる完璧なワンオペってやつです。

それまでも妻は必至でSOSを出していたに違いありません。

しかし、それに気付こうとしない私。仕事を頑張ることで、それを理由に家族を顧みない時期もありました。

さすがに、自分が愛した人と子どもに、こんな思いをさせたらいけないな、と改心しました。

  • 「このままでは家庭が崩壊する」
  • 「完全に父親失格」

やっとのことで、自分自身を見直すことができ、教員の仕事以上に家族を優先することに決めました。

家族優先の生活を頑張るも大変過ぎた。

仕事人間から、徐々に家庭にシフトしてきた私ですが、ぶっちゃけ大変過ぎました。

仕事と家庭の両立がこんなにも大変だとは思いませんでした。

かずきのアイコン画像かずき

いやいや、これをあと何年も続けえるのは無理だな。

そう思うのに時間はかかりませんでした。そしてもう一つ。

定年まで勤めたとして、あと35年。この10年仕事するのだって、結構大変だったのに、あと35年も続けるのか。

限界。限の界。

かずきのアイコン画像かずき

もう、先のことを考えると、限界でしたね。

妻が働くという選択

ちょうどそのころ、妻がパートにでてくれるようになりました。

歯科衛生士の資格を持っているので、それを活かしたかったみたいです。

新しくできた近くの歯科に応募したところ、パートとして雇ってくれることになりました。

娘もちょうど4歳になり、幼稚園に入園したので、タイミング的にはちょうどよかったです。

ただ、私としては、限界を感じていたので、どうにかしたい気持ちが強く、妻に相談しました。

相談の結果「主夫」という選択

妻に相談した当初は、妻は反対ではないにしろ、賛成でもありませんでした。

ママのアイコン画像ママ

・え?主夫って何?

・どういうこと?

・やっていけるの?

まっ、当然と言えば当然です。

周りに主夫なんていないし、想像なんてできやしない。

でも、何回か妻と話し合うことで、「何とかなりそうだ。」ということで主夫になる決意をしました。

その時は、主夫について全く知らない状態でしたが、結構楽観的に考えていました。

主夫になる準備に2年

主夫になろうと決めて、2年後に主夫になりました。

すぐに主夫になることもできましたが、仕事を辞める準備だとか、不安だったのでお金を貯める準備だとか、色々しました。

でも、振り返ると、主夫になるためにしたことは、意外と少なかったと感じています。

当時に戻れるなら、準備もせずに「明日から主夫になります。」って感じで、主夫になっていたかな。

ぶっちゃけ、何かを始めるのに、準備って必要ないですね。

主夫になってみると!

いざ、主夫になってみると、意外といけました。

  • 家事できるかな。
  • おいしいご飯作れるかな。
  • 朝起きれるかな。
  • お金大丈夫やろうか。
  • 子育ての自信ない。

こんなこんな不安もあったけど、不安が現実になることはなく、「主夫ってこんなんでいいんかな?」みたいなのが正直なところです。

子育ても、毎日が新鮮で、新しい発見があって、とっても楽しい。

主夫って、究極は「家庭が治まっていて、家族が幸せならそれでOK」的な職業です。

だから、家族が幸せになるためには、どうしたらいいのかって考えるだけでいいんですよね。

家事も、育児も、掃除も、洗濯も、全部家族の幸せになるためにしているもの。

だから、徹底的に効率化してみると、主夫としての一人の時間がたくさんできることに気が付きました。

しかも、会社みたいにやり方をとやかく言う人もいない。自分のやりたいようにやれる。

かずきのアイコン画像かずき

つまり、最高!

そんな最高な主夫になって良かったことと言えば、こんな感じ。

主夫になって良かったことは?

  • 家族との時間が増えた。
  • ストレスが減った。
  • 余裕ができた。
  • 変なこだわりがなくなった。
  • 自由が増えた。
  • 家事ができるようになった。
  • 男としての幅や魅力が広がった。
  • 子どもとの関係が良くなった。
  • 幸福度が10倍になった。
かずきのアイコン画像かずき

まだまだたくさんありますが、書ききれません。

生まれ変わったら、戦略的に主夫になりたいと思えるくらい最高です。

これからのこと

これからのことは、ぶっちゃけあんまり考えていません。

先のことより、今が幸せ過ぎて充実しているので、とくに深く考えていないんです。

が、一番下の娘が現在年少なので、今のままの生活も、あと3・4年くらいかな。

いずれは、仕事に復帰しようと考えています。

大学卒業して、40年以上同じ職場で働くことを考えたら、絶望でしかありません。

ぶっちゃけ、そんなに働きたくない。

長い人生の数年間でも主夫ができて本当に良かった。

と同時に、私みたいに悩まずに、もっと気楽に主夫を選択してくれる人が増えたらいいなと思っています。

かずきの略歴・指導歴・実績・主な資格 etc.

こんな感じで生きてきました。

こんな人です

  • 占い師(2017年~)

    とあることから、占いに興味をもって、独学で勉強しました。今までに5,000人を占ってきています。

    詳しくは、こちら(読むだけで笑顔になれる占い性格診断
  • 元高等学校英語教師(2007年~2017年)

    10年ほど先生してました。できれば、先生はしたくない。(笑)
  • 4人の子どもの父親

    現在4人の子どものパパをしています。(小学5年息子、4年息子、2年息子、年少娘)

取得資格とか

  • 高等学校教諭第一種免許状 外国語【英語】
  • 中学校教諭第一種免許状 外国語【英語】
  • 英語検定試験準1級合格
  • TOEICテスト875点取得

実績とか

  • 占い性格診断5000人
  • 受け持ってきた生徒は1500人
  • 「ココナラ」での売り上げ実績1000件超、サービス評価は☆4,9

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

MENU
閉じる