【2020年版】主夫におすすめ在宅ワーク13選!これで無理ならあきらめてください!!

【完全版】子どもの公園遊び!100倍楽しむ5つのヒント

2020 5/03
【完全版】子どもの公園遊び!100倍楽しむ5つのヒント

・子どもが公園で遊ぶとどのような効果があるの?

・公園での楽しみ方が、いまいち分からない。

・子どもの公園遊びを充実させる方法はありますか?

このような悩みを4分12秒で解決します。

 

昔に比べて、子どもが公園で遊ぶ機会が減ってきています。

そんな中で、公園でどうやって遊んだらいいのか分からない子どもやママも増えています。

実は、子どもの公園遊びを100倍楽しくすることは、超絶簡単です。

ママのアイコン画像ママ
どうしたら良いんですか?

子ども自由に遊ばせておくだけです。

かずきのアイコン画像かずき
親は、特に何もしなくても良いんです。

子どもを公園に連れて行ったら、絶対に楽しんでくれます。

連れて行った瞬間から、ワクワクしています。

親としては、そのワクワクの邪魔をしないこと、これだけでいいんです。

私の子どもも、しょっちゅう公園に連れて行き、思うままに遊ばせていました。小学生になった今でも遊んでいます。

そのおかげもあって、体力もつき、マラソン大会でも優勝することができました。(長男2位、二男1位、三男1位)

子どもを自由に遊ばせておく以外にも、100倍楽しむヒントがありますので、その方法を教えちゃいます。

子どもが100倍楽しむことができたら、

  • 子どものストレス発散。
  • 夜にぐっすり睡眠。
  • ママも楽ちん。見ているだけで楽しい。

こんな素晴らしい世界が待っています。

公園遊びを100倍楽しむために、ぜひこの記事を参考にしてください。

 

MENU

公園遊びを100倍楽しむ5つのコツはこれ!

子どもとの公園遊びを100倍楽しむ5つのコツは、これです。

誰でも簡単にできるので、ぜひ意識して下さい。

公園遊びの5つのコツ

1、自由に遊ばせる
2、公園遊びグッズを活用
3、便利アイテムの活用
4、公園でのルールを守る
5、自然を感じる

この5つのコツを意識しておくと、公園遊びがガチで楽しくなります。

そして、そうやって、公園遊びを楽しむことができれば、子どもに良い効果がでてきます。

・子どもの体力の向上。

・子どもの心身の健康。

・子どものストレスの軽減。

・子どもが夜ぐっすりと寝てくれる。

これだけで、ママの負担が軽くなります。

私も、3人の男の子がいますが、公園遊びを効果的に活用していました。

全員が小学生になった今でも、公園にたくさん行き、遊んでいます。

公園遊びを含めた外遊びの効果は、【賢い親は知っている】子どもの外遊びはメリットしかない!にまとめてありますので、ぜひ読んでみてください。

では、それぞれに5つのコツを解説していきます。

公園遊びを楽しむコツ1:自由に遊ばせる

公園遊びを楽しむためには、子どもを自由に遊ばせることが重要です。

間違っても、「~してはいけません」なんてことは言わないようにしましょう。

子どもを公園に連れて行って、つまらなさそうにしている子どもは、ほとんどいません。

かずきのアイコン画像かずき
何も言わなくても、勝手に遊んでくれるので、できるだけ、子どもが好き勝手に遊べるようにしましょう。

好き勝手遊べるようになると、

  • 自発的に動ける子どもになる。
  • 創意工夫する力がつく。
  • 想像力が豊かになる。
  • 親の力に頼ることなく取り組める。

良いことしかありません。

とても危険なことや人に危害を加えてしまいそうな時以外は、できるだけ子どもを見守ってあげましょう。

自由にさせるのが一番大切

公園で遊んでいる時には、「~しなさい」と指示をする必要はありません。

むしろ、指示をするのはNG!

なぜなら、指示をされると遊びの動きが制限されて、結局、身体と頭の一部分しか使わなくなるからです。

だからこそ、自由勝手に遊ばせた方が、色んな動きをすることになるので、身体も頭にも良い効果がある。

また、自由に遊ばせることで、

  • 運動神経が高まる。
  • 挑戦力を身につく。
  • 自由に楽しく遊んでいると、脳内ホルモンのドーパミンが分泌される。
  • 夢中になることで、集中力が身につく。

良いことしかありません。

 

公園遊びを楽しむコツ2:公園遊びグッズを活用

自由に遊ばせることで、子どもは楽しんでくれますが、公園遊びグッズを活用すると、より楽しく遊べることもあります。

ここでは、我が家で使用したものを紹介します。

公園グッズ1:シャボン玉

小さい子どもには、シャボン玉が最適です。

子ども遊びグッズの定番です。

今は、口に入れても害のないシャボン液もあるので、小さい子どもでも安心です。

ママがあまり動くことがなく、子どもも楽しむことができるので、疲れることがありません。

また、シャボン玉は、すぐに割れてしまうので、子どもが遠くに行くことがないので、安心です。

子どもにもさせることで、子どももさらに楽しんでくれます。

 

公園グッズ2:縄跳び

縄跳びもぜひ持っていきたいアイテムです。

子どもの体力向上など、子どもにとって良い効果のある縄跳びですが、日常で意外とする機会がありません。

公園に行った時には、ぜひとも子どもと一緒にやってみて下さい。

その場で遊ぶことができるので、お手軽で効果的です。

 

 

公園グッズ3:ゴムボール

デザインもカラフルでかわいいゴムボールがたくさん売られています。

素材がゴムなので、子どもに当たってもいたくないですし、適度に跳ねてくれるので、子どもでも楽しく遊べます。

子どもが一人の場合には、子どもと一緒にキャッチボールをして、コミュニケーションにもなります。

兄弟がいれば、兄弟で勝手に遊んでくれます。

ママがすることと言えば、見守るだけです。

ママは疲れずに、子どもが楽しく遊べて、疲れてくれる。最高のアイテムです。

 

公園グッズ4:スポーツ用品

ゴムボールと似たようなものですが、子どもが小学生くらいであれば、スポーツ用具を使うと、より楽しめます。

野球セットは、特に男の子に大人気です。

ただ、それなりの広さを必要とするので、周囲のお友達にも気をつけないといけません。

 

 

バドミントンは、老若男女問わず、大きな場所も必要ないので、大変人気です。

 

ドッチビーは、ウレタン製のフリスビーです。

ウレタン製なので、子どもに当たっても痛くなく、安心して遊ぶことができます。

遠くに投げることもできるので、足も速くなります。

公園遊びグッズを活用すると、遊びが苦手な子どもも楽しく過ごすことができます。

ぜひ、活用してみて下さい。

公園遊びを楽しむコツ3:マストアイテムの活用

公園遊びをさらに楽しむために、公園に行く時に持っていくと便利なものを紹介します。

公園遊びのデメリットを解消してくれるアイテムです。

マストアイテム1:レジャーシート

公園遊びには、レジャーシートは必ず持っていきましょう。

公園には、ベンチがあることがほとんどですが、まれに、座る所がない公園もあります。

そんな時に、レジャーシートがあれば、どこにでも座ることができます。

また、荷物をレジャーシートに置いておくこともできます。

かずきのアイコン画像かずき
なるべく大きなものを持っていると、便利ですね。

おやつを食べる時にも、座って食べることができます。

 

マストアイテム2:水筒

公園の近くに自販機があることもありますが、水筒に飲み物を入れて、必ず持っていきましょう。

子どもは、公園に行くと、とにかく動き回ります。汗もたくさんかきます。

そんな時に、脱水症状にならないためにも、適切な水分補給をさせましょう。

かずきのアイコン画像かずき
公園の水道水は、衛生面からも、飲まないほうが良いですね。

 

マストアイテム3:救急セット

救急セットはマストではありませんが、あればいいなというアイテムです。

特に男の子の場合、転んだり怪我をすることも多いので、持って行って損はありません。

 

マストアイテム4:サンシェードテント

特に日差しが強い時には、サンシェードテントを持っていくと大活躍します。

  • 日焼けが気になる。
  • 小さい子どもがいて日焼けせたくない。

そんな時には、サンシェードテントを使うと解決します。

 

 

公園遊びを充実させるために活用してみましょう。

公園遊びを楽しむコツ4:公園でのルールを守る

公園に行く前には、公園でのルールを子どもと一緒に話し合っておきましょう。

公園を独占できるような状況であれば、特に気にする必要はありません。

しかし、公園で遊ぶ人数が多くなれば多くなるほど、トラブルも増えてきます。

せっかく楽しもうと思っていたのに、遊びに来た友達とトラブルになってしまったなんてことは避けたいところです。

例えば、

公園のルール

  • 遊具は譲り合う。
  • 順番を守る。
  • 遊具で遊ぶ時には、近くにお友達がいないか確認する。
  • ボールなど、投げるものがお友達に当たらないか確認する。
  • うるさくなりすぎないように気をつける。
  • 30分に1回は、水分補給をする。

こう言ったようなことは、公園に行く前に子どもと話し合っておくと、トラブルを避けることができます。

また、服装にも気をつける必要があります。

  • フードなどにひもがついている。
  • ネックレスをつけている。
  • マフラーをしている。
  • サンダルを履いている。

これらのことは、公園で遊ぶのには適さないので、注意しておきましょう。

公園遊びを楽しむコツ5:自然を感じる

公園に言った時には、ぜひ自然を感じてみましょう。

ただ、スポーツをして身体を動かすだけでも良いですが、せっかくなので、自然を感じることで、子どもの感性を伸ばすことができます。

  • 春には、どんな花が咲いているのか。
  • 夏に、セミやカブトムシなどを捕まえて遊ぶ。
  • 秋には、落ち葉で遊んでみる。

それぞれ季節でしか感じられないことを大切にすると、感性も高まり、その後の勉強にもつなげることができます。

身体を動かして疲れた後には、ぜひ少しでも時間を取って、季節や自然を感じてみましょう。

 

公園遊びはなぜ良いの?

公園に行って遊んでいる子どもで、ネガティブな話題をしている人は、まずいません。

公園と言う環境が、心を拡げてくれて、ポジティブにしてくれます。

その他にも、

  • 遊ぶだけで、前向きになれる。
  • コストがかからない。
  • 飽きない。
  • 体力の向上。
  • 精神的な安定。

などなど、子どもにとって、良いことだらけです。

また、公園に行くと、知らない人がいることがたくさんあります。

そんな時には、ぜひ声をかけてみましょう。

そこで意外な出会いがあったりします。

子ども同士友達になれますし、そういう出会いを通して、子どもたちも社交的になれます。

知らない人とのやりとりが社交性を育むことになる。

子どもが社会性を身につけるために必要なたった1つのこととは?の記事にも書きましたが、子どもの社会性は、人との出会いによって身につけることができます。

あわせて読みたい
【賢い親は知っている】子どもの外遊びはメリットしかない!
【賢い親は知っている】子どもの外遊びはメリットしかない!昔と比べて、子どもの外遊びが減っています。遊ぼうと思っていても、なかなか遊べないのが現実です。また、子どもが遊びたくても、遊べない環境になってきています。学...

 

公園遊びのまとめ

色々なグッズや公園で楽しむコツをお伝えしてきましたが、公園遊びを楽しむ一番のコツは、自由に遊ばせることです。

「~しなさい」「~したほうがいい」など、親から子どもにアドバイスをすることはNGです。

親は、子どもの危険な行為だけしないように見守っていいればいいだけです。

公園遊びは、親のストレスも子どものストレスもなく、親は疲れなく、子どもはしっかりと疲れてくれる、最強の遊び方。

また、頭が良い子どもは、ほとんどが、小さい時に公園遊びや、外遊びをかなりしてきました。

今すぐ公園遊びを取り入れて、充実した子育てライフを送ってください。

かずきのアイコン画像かずき
最後まで読んでくれてありがとうございます。ブログの更新情報は、Twitterで発信しています。ぜひとも、かずき(@kosodateriron)をフォローしてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

MENU
閉じる