【2020年版】主夫におすすめ在宅ワーク13選!これで無理ならあきらめてください!!

【親の背中を見て育つ】は本当だった!子どもに悪影響な親の行動とは?

2020 1/20
【親の背中を見て育つ】は本当だった!子どもに悪影響な親の行動とは?

子育てをしていると、子どもは「親の背中を見て育つ」と言われることが多くあります。

実際に私が高校教師として10年間勤めた時も、「何でこんな性格なんやろうか~」と思った時でも、親を見ていると納得できたことがたくさんありました。

子どもは「親の背中を見て育つ」ということわざには、良い意味でも悪い意味でも捉えることができます。

実は、私も「親の背中を見て育つ」怖い体験をしたことがあります。

先日、私の長男がお友達に対して

子どものアイコン画像子ども
ちゃんと謝りなさい。

と言っていました。

しかも、私と同じような口調で!

かずきのアイコン画像かずき
普段自分自身がこんな風に言っていると考えると、深く考えさせられ、反省しました。

子どもにいちいち言わなくても、自分自身が悪いことをして謝る姿を見せていたら、こんなことにはなっていません。

自分自身が子どもの手本になれば、子どもを育てなくても勝手に育ってくれると感じました。

子どもは、親が言うように育つわけではなく、親の姿を見て育つので、親としては自分自身の行動をしっかりと振り返らなければいけません。

子どもは親の行動を細かく見ているので、「親の背中を見て育つ」ことを忘れずに子育てをしたいものです。

そこで今日は、子どもは「親の背中を見て育つ」ということについて考えてみたいと思います。

 

MENU

子どもは「親の背中を見て育つ」は本当か?

子どもは、本当に親の背中を見て育ちます。

教員時代に1500名くらいの家族を見てきました。

かずきのアイコン画像かずき
この生徒は、何でこんな性格なんやろうか?

多くの生徒を見ていると、私自身が理解しがたい考えや行動をする子どももいます。

そんな時に、その子どもの親をみると、子どもの言動の理由が分かるんです。

子どもは、意識していなくても親の言動を真似してしまう。

これは、当たり前ですよね。

子どもが生まれてから一番に真似をする人は、親です。

親よりも全く知らない他人に似ているなんてことはありません。

だからこそ、親としての自分の言動を振り返りながら子育てをしたいものです。

 

親の背中を見て育つ怖い話

子どもが「親の背中を見て育つ」ということを身に染みて経験したことがあります。

みなさんは、今までの子どもに手を上げてしまった経験はありますか?

パパのアイコン画像パパ
現在はありませんが、手を上げてしまったことがあります。後悔と反省をしています。

自分で言うのもなんですが、私は超絶穏やかな性格をしています。

しかし、我が子に1回だけ手をだしてしまったことがありました。

今ではもう、頭でも身体でも理解していますが、「暴力」って連鎖してしまうんです。

ある日、長男と二男が外で遊んでいました。

あることから喧嘩になってしまい、長男が石を手に持ち二男を殴ってしまったんです。

二男は頭から出血してしまい、大けがを負ってしまいました。

親の背中を見て育つ子どもの悪い例

・暴力

・人に厳しく言う

・人の者を勝手にとる

長男が二男を傷つけてしまった一番の原因は私です。

私が長男に手をだしたことで、長男は「言うことを聞いてくれない時には、人を叩いてもいい」と認識してしまった。

その結果、二男を殴ってしまったんですね。

子どものためという気持ちは分かりますが、暴力は絶対にダメです。

かずきのアイコン画像かずき
子どもたちに、本当に申し訳ないことをしたと猛省したと同時に、親の背中を見て育つ本当の意味を知りました。

 

親の背中を見て育つ良い話

子どもは親の背中を見て育ちますが、悪い影響ばかりではありません。

当然、親の良い部分も真似してくれます。

妻の自慢になるので、イラっと感じたら読み飛ばしちゃってください。

かずきのアイコン画像かずき
私の妻は、本当に人当たりが良いんです。まあ、八方美人的な所はありますが(笑)。

そのおかげで、多くの友達やママ友が、よく我が家に遊びに来ます。

お客さんが帰る時には、必ずお土産や差し入れを持って帰ってもらいます。

そういう姿も子どもって見ているんですね。

以前、我が子が留守番をしている時お客さんが来ました。

その時に長男は、私と嫁が外出中ということを伝え、お客さんが帰る時に家にあったお菓子をお客さんに渡していました。

親の背中を見て育つ良い例

・優しい

・お土産をあげる

・人の悪口を言わない

子どもは親の背中を見て育つと、再認識しました。

 

親の背中を見て育った私

私がどのように育てられたかを振り返ってみると、私の両親は比較的穏やかに育ててくれました。

7人兄弟ということもあり、かまっていられなかったということもありますが、田舎でのびのびと育つことができました。

その中で、一つ気が付いたんですが、両親が人のことを悪く言っていた記憶が全くない、ということです。

その両親の姿を見ているおかげで、私も人のせいにしたり、人の悪口を言うという考え方をすることがありませんでした。

やっぱり、親の姿って本当に大切なんですね。

 

「親の背中を見て育つ」のまとめ

子どもは、親の姿を一番に見ています。

一緒に生活する一番の見本になると言っても、言い過ぎではありません。子どもが親に似るのは当たり前のことです。

口やかましく子どもを育てるよりも、自分自身の行動を振り返り、手本となるように生活を心がけて下さい。

子どもを育てることもなく、子どもが育ってくれます。

言うことは簡単で、それを実行するとなると本当に難しいんですが、やっぱり親の背中で子どもに伝えることが大切です。

かずきのアイコン画像かずき
最後まで読んでくれてありがとうございます。ブログの更新情報は、Twitterで発信しています。ぜひとも、かずき(@kosodateriron)をフォローしてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

MENU
閉じる