【2020年版】主夫におすすめ在宅ワーク13選!これで無理ならあきらめてください!!

賢い子どもの特徴はコレ!今すぐ身につけさせたい8つの資質とは?

2020 1/19
賢い子どもの特徴はコレ!今すぐ身につけさせたい8つの資質とは?

・賢い子どもの特徴って何?

・子どもを賢く育てるためには何が必要なの?

・頭に良い子に育てたい。

このような疑問に4分21秒でお答えします。

 

ママのアイコン画像ママ
自分の子どもが賢かったらな~~。

そんな願望を持つママはたくさんいます。

賢い子どもには共通する特徴があります。

その特徴を知っているかどうかで、自分の子どもが賢くなれるかどうかが決まります。

賢い子どもに育てるためには、まずその特徴を知ることが重要です。

逆に言えば、その特徴を知っていれば、頭の良い子どもに育てることができます。

誰でも賢い子どもになれます。

この記事で、賢い子どもの特徴を参考にしつつ、賢い子どもに育てられるように実践して下さい。

 

MENU

賢い子どもの8つの特徴

賢い子どもの特徴は、色々ありますが、この8つが共通点として挙げられます。

  1. 忍耐力
  2. 継続力
  3. コミュニケーション能力
  4. 積極性、チャレンジする力
  5. 自立心、自主性
  6. 集中力
  7. 論理的思考力
  8. 記憶力
パパのアイコン画像パパ
どれも大切なものばかりですね。

では、それぞれどんな資質なのか見ていきましょう。

賢い子どもの特徴1:忍耐力

賢い子どもの一番の特徴は、なんと言っても「忍耐力」です。

マシュマロテストに代表されるように、忍耐力や我慢する力は、生きていく上でかなり大切な力です。

必ず必要となる資質です。

  • 物事を最後までやり抜く。
  • 継続する。
  • 最後まであきらめない。
  • 問題に直面しても屈しない。

忍耐力があると、こんな子どもになってくれるんですね。

実は、忍耐力と人生における成功にも、深い相関関係があることが分かっています。

詳しくは、こちらを参考にしてください。

あわせて読みたい
たったの2つ?子どもの我慢する力を伸ばす秘訣とは?
たったの2つ?子どもの我慢する力を伸ばす秘訣とは?・我が子がもっと我慢強くならないかなぁ~。・わがままばかりで、我慢する力が足りない。・どうしたら我慢強い子どもに育つのかなぁ~。このような疑問が2分34秒で解決...
https://kosodateriron.com/patience2/

 

賢い子どもの特徴2:継続力

賢い子どもは「継続力」も身についています。

子育て中のお母さんの中にも、

ママのアイコン画像ママ
うちの子どもは三日坊主で、何をやっても続かないんです。

そんな悩みを抱えている方も多くいます。

継続力を身につけさせるには、習慣化することが重要です。

習慣にするまでに時間がかかりますが、お風呂や歯磨きのように、一度習慣化させてしまえば、その後継続させることは簡単です。

逆に、それをやらないと、違和感を感じるようになります。

習慣化させるまで、頑張ってみましょう。

実は、忍耐力と継続力には、深い関わりがあります。

簡単な小さいことでも、毎日継続することで、忍耐力を培うことができます。

 

賢い子どもの特徴3:コミュニケーション能力

「コミュニケーション能力」も賢い子どもの特徴として挙げられます。

  • 人とコミュニケーションがとれる。
  • しっかりと意思の疎通ができる。
  • 周囲の人の発言の意図が理解できる。
  • 自分の言いたいことが適切に伝えることができる。

このような能力は、特に現代においてはぜひ身につけさせたい資質です。

コミュニケーション能力が欠けていると、周囲と協力して、何かを成し遂げることはできません。

1人の力は微力ですが、周囲の人と協力して力を合わせることで、1人ではできないほど、非常に大きな力を発揮することができます。

人と協力するためにコミュニケーション能力は欠かすことができません。

詳しくは、下記の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
子供が社会性を身につけるために必要なたった1つのこととは?
子供が社会性を身につけるために必要なたった1つのこととは?どのようにして社会性を身につけるのか知っていますか?この記事では、社会性を身につける方法がまとめられています。ぜひ参考にしてください。

 

賢い子どもの特徴4:挑戦力

挑戦力があるのも賢い子どもの特徴です。

挑戦力は「積極性」や「チャレンジする力」のことです。

何に対しても興味を持ち、常に積極的に挑戦する力を身につけることは、とても大切です。

子どもの時に、消極的で挑戦できなければ、幼少期にとても大切な「経験」という財産を手に入れることができません。

子どもは、経験して失敗して成長していきます。

子どもの成長するためにも、積極性や物事にチャレンジする力が必要になってきます。

挑戦力や好奇心旺盛に関しては、こちらの記事も参考にしてください。

あわせて読みたい
失敗を恐れる子どもはガチで損をする!原因や対処法を大公開します
失敗を恐れる子どもはガチで損をする!原因や対処法を大公開します・子どもが失敗を恐れてしまいます。・子どもが積極的に行動できません。・苦手なことや嫌いなことを避けています。こんなお悩みを3分45秒で解決します。 小学生に...
あわせて読みたい
ダントツで【挑戦力】子どもに身につけさせたい資質はこれで決まり!
ダントツで【挑戦力】子どもに身につけさせたい資質はこれで決まり!・子どもが消極的で困っています。・何事にも挑戦する子どもに育ってほしい。・失敗を恐れて積極的に行動できません。このような悩みに3分54秒でお答えします。 子...

子どもの積極性については、こちらの記事も参考にしてください。

あわせて読みたい
【好奇心旺盛】な子どもはガチで得をする?今すぐ身につけさせるべき!
【好奇心旺盛】な子どもはガチで得をする?今すぐ身につけさせるべき!こんにちは、かずき(@kosodateriron)です。先日、子どものバスケットボール教室に参加してきました。プロの方の指導してもらえるということで、しっかりと高いお金を...

賢い子どもの特徴5:自立心や自主性

賢い子どもには自立心や自主性が身についています。

現代では、親が子どもに手をかけたり、恵まれすぎているために、自主性や自立心が育ちにくい環境です。

親や先生などの大人や、周囲の人から何か言われないと動けない子ども。

何回言われても全く動けない子ども。

そのような子どもにならないように、自立心や自主性のある子どもを目指しましょう。

また、人から言われたことに素直に行動できる、このような素直さは、子どものうちは必要かもしれません。

しかし、人から言われなくてもできる、自分で考えることができる自立心は、大人になるにつれて、絶対に必要な資質となります。

自主性については、こちらの記事も参考にしてください。

https://kosodateriron.com/motivation2/

その反対の「無気力」についての記事は、下記を参考にしてください。

あわせて読みたい
子どもが無気力になる原因は親?その特徴と改善方法を大公開!
子どもが無気力になる原因は親?その特徴と改善方法を大公開!・子どもが、何に対しても無気力で困っている。・子どもの無気力の原因が分からない。・子どもの無気力をなおしたい。こんなお悩みを4分21秒で解決します。子どもが無気...

 

賢い子どもの特徴6:集中力

「集中力」が身についているのも賢い子どもの特徴です。

勉強にしろ、運動にしろ、何をするにしても集中力は必要です。

この集中力ですが、身につけさせるためには、子どもの好きなことをさせることが大切です。

好きなことには、誰だって集中できますよね。

反対に嫌いなことに対しては、集中することはできません。

好きなことで集中する感覚を養うのが効果的!

その感覚が身につくと、嫌いな勉強をする時にも、集中することができるようになります。

最初から、苦手で嫌いな勉強や授業などで「集中力」を鍛えることはできません。

遊びや好きなことで鍛えた集中力が、やがて勉強に活かさせるようになります。

下記の記事も参考にしてください

あわせて読みたい
【効果抜群】トランプで勉強!遊びながら鍛える計算力と集中力
【効果抜群】トランプで勉強!遊びながら鍛える計算力と集中力・トランプで勉強ができるの?・遊びを通して集中力を身につけたい。・楽に楽しく効率よく勉強したい。子どもが勉強を楽しそうにしている。そんな妄想をするママはたく...
あわせて読みたい
【賢い親は知っている】子どもの外遊びはメリットしかない!
【賢い親は知っている】子どもの外遊びはメリットしかない!昔と比べて、子どもの外遊びが減っています。遊ぼうと思っていても、なかなか遊べないのが現実です。また、子どもが遊びたくても、遊べない環境になってきています。学...

 

賢い子どもの特徴7:論理的思考力

賢い子どもは論理的思考力も身についています。

論理的思考力とは?

・物事を筋道立てて、考えることのできる能力。

・「~だから、~だ」のように、誰でも分かるように、説明できる能力のこと。

論理的思考力を鍛えるためには、物事を客観的に俯瞰して見つめる必要もあります。

物事だけでなく、自分自身のことも客観的に見つめることも大切です。

大人になってからこの資質が身についていないと、人を説得することなどできません。

周囲の人から「あの人は何を考えているのか分からないね」という評価をされることもあります。

この社会に出ても必要な論理的思考力は、今流行りの「プログラミング」などで鍛えることもできます。

 

賢い子どもの特徴8:記憶力

賢い子どもに共通してみられるのは「記憶力」が良いことです。

記憶力も集中力と同じで、遊びで鍛えることが可能です。

特に、カルタやトランプを使用すると、簡単に身につけることができます。

あわせて読みたい
【効果抜群】トランプで勉強!遊びながら鍛える計算力と集中力
【効果抜群】トランプで勉強!遊びながら鍛える計算力と集中力・トランプで勉強ができるの?・遊びを通して集中力を身につけたい。・楽に楽しく効率よく勉強したい。子どもが勉強を楽しそうにしている。そんな妄想をするママはたく...

大人になって、社会で働くようになると、記憶力が勝負という場面はあまりありません。

それよりも、先ほどの「論理的思考力」などのほうが、必要とされることが多いでしょう。

しかし、子どものうちは「記憶力」を鍛えておくと、非常に有利になります。

教科によっては、記憶力があるだけで勉強が得意になることもあります。

また、小学生のうちは、単純記憶のほうが優位に働くこともあり、とにかくたくさんのことを覚えておくと、その後の勉強に活かすことができます。

ぜに、身につけておきたいですね。

記憶力に関しては、下記の記事も参考にしてください。

子どもの記憶力を鍛える前に知っておくべき記憶の基礎知識

 

賢い子どもの特徴のまとめ

賢い子どもの特徴をまとめてみました。

まだ、メタ認知能力や想像力、プレゼン能力や伝える力など、まだまだ特徴はあります。

賢い子どもの特徴の特徴を、全て身につけるためには時間がかかります。

しかし、大切な資質から身につけることで、必ず子どもは賢くなれます。

この賢い子どもの特徴を参考にして、少しでも身につけられるように、子育てを頑張りましょう。

かずきのアイコン画像かずき
最後まで読んでくれてありがとうございます。ブログの更新情報は、Twitterで発信しています。ぜひとも、かずき(@kosodateriron)をフォローしてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

MENU
閉じる