【2020年版】主夫におすすめ在宅ワーク13選!これで無理ならあきらめてください!!

【実録】パパ友の作り方!パパ友が損得抜きにして楽しすぎた件!

2020 5/03
【実録】パパ友の作り方!パパ友が損得抜きにして楽しすぎた件!

・パパ友が作れなくて悩んでいる。

・どうやってパパと仲良くなるの?

・パパ友ってメリットあるの?

・ややこしいことにならない?

こんな疑問の2分14秒でお答えします。

 

パパのアイコン画像パパ
パパ友ってどうやって作るんですか?

こんな質問をよく聞かれます。

かずきのアイコン画像かずき
ぶっちゃけ、パパ友を作るのは簡単です。

パパ友を作るためには、色んな方法があります。

  • ママを通して仲良くなる。
  • 子どもを通して仲良くなる。
  • 積極的に声をかける。
  • パパの会に参加する。
  • 飲み会に参加する。
  • パパの友達は友達作戦。

ざっと考えただけでも、これだけあります。

私もこの方法でたくさんのパパ友ができました。

少し勇気を振り絞って行動するだけで、パパ友と友情を超えた関係を築くことができます。

この記事に書かれているパパ友を作る方法を参考に、ぜひ充実したパパ友ライフをエンジョイして下さい。

この記事の要点


・パパ友の作る方法。

・パパ友を作ってみたら。

・パパ友を作るメリット。

MENU

パパ友ができない原因は?

ママに比べてパパは友達が作りにくい状況にあります。

それにはいくつか原因があります。

パパ同士で関わる機会が少ない

普段仕事をしている男性は、他のパパに会う機会が圧倒的に少ないことが、パパ友を作りにくい一番の原因です。

  • 送り迎え
  • 参観
  • 行事の参加

などなど、ママよりも積極的に参加しているパパは、ほとんどいません。

そもそも触れ合う機会がないので、パパ友が作りにくい状況になってしまいます。

パパ友を作るためには、送り迎えなど日頃から育児に積極的に関わる必要があります。

関わる機会が多ければ、パパ友を作れる!

 

女性よりも会話が少ない

一般的には、男性は女性に比べて話をすることが得意ではありません。

というか、女性ほどおしゃべりが好きではありません。

もちろん挨拶くらいはしますが、そこから話が発展することは稀です。

仲良くしたいと思っていても、話しかけて気まずい雰囲気になることを恐れています。

そもそも、話しかけるという発想にならないパパもたくさんいます。

積極的に話しかけることで、パパ友を作ることができます。

 

女性と比べて色んな年齢層の方がいる

女性と比べて色んな年齢層の方がいることも、パパ友が作りにくい原因です。

パパによっては、一回り以上年齢の違う人もいます。

さすがに一回り以上違うと、話す内容が合わないことがあります。

*ちなみに、私の周りのパパ友は、一回り以上違う年齢でも楽しく話しています。

年齢層が違っても、共通の話題があれば楽しく話ができます。

原因が分かったところで、早速どうやってパパ友を作るのか見ていきましょう。

パパ友の作り方

パパ友を作るためには、色んな方法があります。

今から紹介する中から、できそうなものから試してみて下さい。

妻を通して仲良くなる

一番簡単にパパ友を作る方法は、妻が仲良くなったママの旦那さんを紹介してもらうことです。

男性よりも女性のほうが、普段から他の家庭と接する機会が多いので、ママを使って仲良くなるのが効果的な方法です。

私の一番最初のパパ友もこのパターンでした。

夏休みに、家族ぐるみでバーベキューをするということで、そこに参加しました。

最初はお酒の力を借りつつ、徐々に打ち解けていきました。

かずきのアイコン画像かずき
パパ友と仲良くできると、妻も微笑ましく見てくれるので、良いことしかないですね。

 

子どもを通して仲良くなる

子どもを通して仲良くなる方法もあります。

子どもとの会話の中で、よく出てくるお友達の名前を覚えておきます。

幼稚園の送り迎えの時に、仲の良い友達が近くにいたら、ぜひ積極的に声をかけてみましょう。

送り迎えに来ていたのがパパだったら、ラッキーです。

  • 「いつも仲良くさせてもらって、ありがとうございます!」

と言うだけで、次からは気軽に話せるようになります。

話しかけられるようになると、子ども同士で遊ばせる時など時間がある時に、もっと違う話ができるようになります。

 

とにかく声をかけてみる

パパ友を作るためには、とにかく勇気をもって声をかけてみることが大切です。

私がパパ友に声をかけた時は、子どもの運動会の時でした。

もちろん、共通の話題がないと話が続かないので、長男の同級生のパパに声をかけました。

話してみると、意外と他のパパさん達も自分と同じことを考えています。

  • パパ友が欲しい。
  • 運動会やお遊戯会での話し相手が欲しい。
  • パパ友に話しかけるきっかけがない。

こんなことを聞くと、勇気をもって話しかけて良かったと感じます。

一人でもパパ友ができると、そこから一気にパパ友の輪が広がります。

まずは、最初の一人に勇気を持って話しかけることが大切。

 

お父さんの会に参加する

幼稚園や保育園のお父さんの会に参加するのも一つの方法です。

例えば、私の子どもが通っていた幼稚園ではパパによる奉仕活動の日があります。

そうやって、パパだけの行事に参加することで、パパ同士で話す機会を増やすことができます。

ママよりも圧倒的にパパ同士で関わる機会かが少ないので、貴重な時間です。

飲み会に参加する

ぶっちゃけ、とりあえずパパの飲み会に参加してしまえば、あっという間にパパ友が作れます。

とにかく、一緒にお酒をのめば、みんな友達です。

私がPTA会長の時には、パパだけの飲み会を企画しました。

結局来たのは4人だけでしたが、それでも初めて来てくれた人もいて、そこからさらにパパ友のつながりが増えました。

仕事の飲み会とは違い、なぜかパパの飲み会には寛容的なママが多くいます。

「今度、パパ同士で飲み会がある」と言うと、なぜか嫁が機嫌よく喜んで送り出してくれた方が多くいました。

パパだと安心して送り出してくれる!

 

友達の友達は友達作戦

友達の友達は友達になることで、パパ友を増やしていくことができます。

パパ友の知り合いがいたら、とりあえず話してみることで、パパ友の輪を広げることができます。

私も最初は3人だけだったパパ友のグループですが、今では10人近くになっています。

これは、子どもの同級生のパパに積極的に声をかけていった結果です。

  • 「次は~君のパパに声をかけてみよう」

こんな話をしながら、楽しくパパ友を増やしていっています。

 

パパ友を作るメリット

せっかくなので、パパ友の作り方だけでなくパパ友を作るメリットも考えてみました。

私自身は、別にメリットを考えてパパ友を作ったわけではありません。

友達がいたほうが楽しそうだったからです。

ただ、パパ友がいるメリットがあることも事実です!

パパ友のメリット1:とにかく楽しい

一番のメリット?は楽しいことです。

メリットでもないですが、とにかく楽しいです。

これは、後で別にまとめてみたいと思います。

パパ友のメリット2:子どもが問題を起こした時に大きな問題になりにくい

かずきのアイコン画像かずき
これ、ガチで助かりました。

私の長男は非常に勝気なんですが、その性格からかよく喧嘩をしていました。

喧嘩をした時に、当然相手の親に謝罪の連絡を入れるわけですが、当然知っている人のほうが対応しやすいですよね。

日頃から良い人間関係を築いておくことで、子どもに問題が起きても、問題が大きくならずに済みます。

親同士の面識がないと、子どもに問題が起こった時に、感情的になってしまうこともあります。

時に必要以上に我が子のことを悪く言われたり、対応に困ることがあります。

パパ同士が仲良かったら、喧嘩両成敗的な感じで対応してくれるので、問題が大きくなることがありませんでした。

 

パパ友のメリット3:幼稚園に行くのが楽しくなる

パパ友がいると、幼稚園に行くのが楽しくなります。

毎日の送り迎えでも、知り合いがいない状況よりは、パパ友がいたほうが、楽しくなります。

旦那が送り迎えをしてくれないと悩むママがいたら、パパ友を作るよう言ってみたら、喜んで送り迎えをしてくれるかもしれません。

また、イベントや行事の時に、話し相手がいることで、楽しく過ごすことができます。

行事等で一人寂しそうにしているパパを時々見かけます。

パパ友がいない人は、もしかしたら、授業参観やイベントが苦痛になっている人もいます。

パパ友を作ると、子どもと一緒にパパも楽しく行事に参加できる。

 

パパ友のメリット4:情報交換ができる

幼稚園や家庭での情報交換ができるのもメリットです。

かずきのアイコン画像かずき
これ、ガチで貴重なんですよね。

幼稚園での子どもの様子や、他の家庭の様子を知ることができます。

時に嫁の不満を言ってみたり、子どもの悩みを聞いてもらったり、それだけでもストレス発散にもなります。

たまに、幼稚園の先生の情報も入ってきたりします。

かずきのアイコン画像かずき
あの先生は彼氏がいるとかいないとか、なんでそんなん知ってるの?っていう話も、話題になるんですよね。

年配の方が一緒に会に参加していたら、アドバイスをもらえることもあります。

  • 病気になった時の対処法。
  • 育児の悩み。
  • 夫婦の悩み。
パパのアイコン画像パパ
先輩のパパに気軽に聞けるのは、良いですね。

 

パパ友のメリット5:助け合える

いざという時に助け合えることもメリットの一つです。

我が家は、おじいちゃんおばあちゃんが近くにいません。

だから、いざという時には、周囲のパパ友やママ友を頼ることが多くありました。

  • 子どもが病気で入院しないといけない。
  • 急な通院が入った。
  • 仕事が忙しくて定時に帰れない。

こんな時に、少しの間だけでも子どもを預けたり、子どもをついでに迎えに行ってもらったりしました。

その分、お願いされることもありますが、それはお互いさまですね。

 

【実録】パパ友を作ってみたら楽しすぎた件!

ここからは、超個人的な話です。

私がパパ友を作ってからの話をしようと思います。

かずきのアイコン画像かずき
パパ友作ったら、ガチで楽しすぎました!って言う話です。
パパのアイコン画像パパ
何がそんなに楽しかったんですか。

思い返すだけでも、たくさんありすぎます。

  • バーベキュー大会
  • 花火大会
  • 飲み会
  • ソフトボール大会
  • 花見
  • 誕生日会
  • 一泊二日のパパだけの旅行

挙げたらきりがありません。

パパだけの旅行

その中でも一番楽しかったのが、パパだけの旅行。

かずきのアイコン画像かずき
とにかく楽しすぎました。

パパだけの旅行をするのに、毎月2000円を積み立てしました。

2年くらい貯めていたので、全部で5万円くらい持って、兵庫の城崎温泉にGO!

ロープウェイや温泉巡り、おいしいご飯にお酒、何もかもが楽しすぎましたね。

そんな時に、ヒヤッとする出来事が!

かずきのアイコン画像かずき
なんと、な、な、なんと、知り合いの幼稚園のママさんも、城崎温泉に来ていました。
パパのアイコン画像パパ
変なことしていなくて、良かったですね。(+_+)

男4人で来ていただけなので、何もやましいことはしていませんでしたが、変なことしていなくて良かった。(笑)

旅行だけでなく、子どもの誕生日会をしてくれたり、何かにつけて飲み会をしたり、楽しいことしかなかったですね。

パパ友は別に作らなくてもいい

ここまでさんざんパパ友最高って書いてきてますが、パパ友は別に無理して作る必要はありません。

プライベートでの付き合いまで、気を遣いたくない人もたくさんいます。

そもそも、関わらなくても良い人もたくさんいるわけで、無理をする必要はありません。

あくまで気を遣わなくて楽しく過ごせる人をパパ友にすべきです。

そうじゃないと、せっかくパパ友を作って、その関係が続くことはありません。

私も楽しいからこそここまで続けることができました。

だからこそ、パパ友ブームに流されずに自分が友達を作るメリットや楽しさを考慮に入れて作るようにしてください。

パパ友が得に必要ないという人は、無理して作る必要はない。

でも経験上、パパ友に否定的なパパ程、パパの友飲み会に参加すると、一番楽しんで帰っていきます。

パパ友の作り方のまとめ

パパ友の作り方やパパ友のメリットなど、パパ友について色んなことが分かったと思います。

パパ友は無理に作る必要はありませんが、作ろうか迷っている人は、ぜひ作ってみて下さい。

まずは、勇気を出して話しかけるところから始めましょう。

勇気を持って話しかけた先には、きっと楽しいパパ友生活が待っています。

今よりももっと充実した子育てライフになります。

かずきのアイコン画像かずき
最後まで読んでくれてありがとうございます。ブログの更新情報は、Twitterで発信しています。ぜひとも、かずき(@kosodateriron)をフォローしてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

MENU
閉じる