【2020年版】主夫におすすめ在宅ワーク13選!これで無理ならあきらめてください!!

子どもは占いで育てる!不思議とうまくいく活用方法を大公開!

2020 2/06
子どもは占いで育てる!不思議とうまくいく活用方法を大公開!

占い性格診断を子どもにあてはめると、不思議とうまくいくことがたくさんあります。

・同じ血を引いている子どものことが理解できません。

・上の子と下の子の性格が違い過ぎて困っています。

・ついつい人の子どもと比べてしまいます。

・我が子の良い所が見当たりません。

子育てをしていると、こんなことでたくさん悩んでしまいます。

子どもを理解する方法として「占い性格診断」を活用すると、このような悩みがなくなります。

占いで子どものことを深く理解することができるからです。

事実、今まで約5000人の性格診断をしてきましたが、ほとんどの方が満足されています。

何も特別なことをする必要はありません。

まずは、1500字程度でまとめられた「占い性格診断」を使い、子どもの生まれ持っての才能や資質を読むだけで、効果があります。

この記事では、5000人の方を診断してきた私が、子どもを育てる時の占いの活用方法を分かりやすく解説します。

占いを通して幸せになる方法がまとめてあります。

[jin_icon_coin-cover]無料診断実施中

現在、特別に【満足度98%】の占い性格診断を無料で実施しています。

(*基本性格のみの診断です。)

この機会に、ぜひお試しください。

詳しくは、ココナラから赤松寿紀(あかまつかずき)まで、お問い合わせください。

(ココナラの登録方法が知りたい方は、1分でできるココナラの登録方法を参考にしてください。)

MENU

子どもの「占い性格診断」は当たらなくても良い!

5年程前から占いに興味を持ち、本格的に勉強し始めました。

5年の間に5000人以上の方を占ってきました。

最初はお客様から「当たってない」、「いまいちピンとこない」など、厳しい感想をもらうこともありました。

現在は、勉強を重ねることで、命中率を向上させることに成功しています。

こんなこと言ってはいけないんですが、占いって結局「当たるも八卦当たらぬも八卦」なんです。

というか、当たる当たらないということ以上に、大切なことがたくさんあるんです。

そんな「占い性格診断」の活用方法は簡単です。

たった一つ、あることを意識するだけで幸せになれるんです。

たった一つの意識することとは?

当たる当たらないではなく、幸せになるために「占い性格診断」をどのようにして活用するのか!が大切。

子どもの「占い性格診断」に良いも悪いもない

現在、多くの占いがあります。

その中で、生年月日で占うものもあれば、星座や血液型で占うものもあります。

いずれにせよ、それぞれの占いで「その人の大まかな性格の傾向や癖」が分かります。

これだけは声を大にして言いたい。

どんな占い結果でも、良い悪いはありません。

なぜなら、良いとか悪いとかではなく、どのように活用するのか、という視点が重要だからです。

「良い性格とか悪い性格」、「運勢が良いとか悪い」という考え方をしてしまうと、結果的には「生まれた日が良かった、生まれた日が悪かった」というような捉え方をしてしまう。

生まれた日なんて、変更することなんかできませんよね。

ということは、自分にはどうすることもできないんです。

自分の人生なのに、自分ではどうすることもできない。

そんな悲しいことはありませんよね。

せっかく両親から授かった大切な命なのに、自分では良い人生を送ることができない、生まれた日によって性格の良し悪しが決まってしまう。

そんなことでは、なんのために生まれてきたのか分かりません。

いつ生まれても、どんな日に生まれても、最高の良い日に決まっています。

ですので、性格診断に良し悪しはありませんし、性格診断をどのように活用するのか、という視点を持つことが大切なんです。

子どもの「占い性格診断」で性格を知る必要性

性格診断を通して、自分の性格の癖や傾向を知ることは、本当に大切なことです。

『孫子』の中に

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」

という言葉があります。

その言葉の通り、「相手のことを知り、自分のことを理解すると、100回戦っても負けることはない」という意味です。

実は、人は生まれながらにして持って生まれた性格の癖や傾向があります。

その性格の傾向を、占いを利用することによって知ることができます。

人生は、勝ち負けがはっきり決まるような戦いではありません。

しかし、自分の性格の傾向や考え方の癖を知っておくことで、失敗を最小限に、成功を最大限にすることもでき、とても有益になることは間違いありません。

その癖や傾向を知っている人と、知っていない人を比べても、その後の人生において大きな差がでることでしょう。

子どもの「占い性格診断」は幸せになるためのツール

実は、占いの一番の目的は「幸せ」になることなんです。

「当たる・当たらない」は、一番重要なことではありません。

この認識が抜けていると、当たる当たらないということに意識がいき、「その後にどうすればいいのか」ということが考えられなくなります。

パパのアイコン画像パパ
それなら、占いは外れてもいいんですか?

確かに、的中率100%なんてのは、無理な話かもしれません。

しかし、多くの占い師さんが、知識を蓄え実践を重ねることで的中率を上げていることも事実です。

だから「当たらなくていい」と思って、占いをしている方はいません。

占いは、外れてもいいのではなく、外れてしまった時に、どのような気持ちでいるのか、どのように行動するのかが、とても重要なことです。

また、占いで悪い結果が出たなら、悪い結果を回避するために、どのように努力するのか、という視点がとても重要です。

子どもの「占い性格診断」は天気予報と似ている!

占いって、人によって様々な活用方法があります。

占いを信じていない人は、全く活用していませんし、占い師の言うことや出た結果に依存してしまい、全て信じ込んでしまう人もいます。

私が5年間占いをしてきて感じているのは、占いは「天気予報」に似ている、ということです。

例えば、朝テレビを見ていて、「今日は昼から雨の予報です」と言われたら、みなさんはどうしますか。

そうです。傘をもって出かけますよね。でも、実際には天気予報だって外れることもあります。

そんな時、みなさんはどう思いますか。

どっちタイプ?

・結局、傘は使わなかったか。ほんまに天気予報は当たらないわ。無駄な労力だった

→不平不満タイプ

・傘を持ってきて使わなかったけど、雨が降らなくて良かった。ありがたい。

→感謝タイプ

結局、当たるか当たらないかということ以上に、当たった場合でも外れた場合でも、どのような気持ちで生活をするのか、ということが大切になってきます。

ネガティブ VS ポジティブ

多くの方と話していると、性格がポジティブであるとか、ネガティブであるとか、そういう表現をしてしまうことがあります。

一般的な印象としては、どうしても「ポジティブな性格のほうが良い」と思う人がたくさんいると思います。

パパのアイコン画像パパ
え?ポジティブのほうが良いんじゃないんですか?
かずきのアイコン画像かずき
長い人生の中で「生まれてから死ぬまで、ずっとポジティブでうまくいきました」という人を見たことがありますか?
パパのアイコン画像パパ
ありません。

ポジティブな人の中にもネガティブな面もあり、ポジティブだからこそ失敗したこともあるでしょう。

例えば、ポジティブな人は「物事を前向きに捉えたり、切り替えが速い」ということがあります。

失敗した時でも切り替えが速く、前向きにポジティブでいられます。

でも、同じ失敗を再度してしまい、周囲の人から「もっと反省しなさいよ」と言われることもあります。

逆に、ネガティブだから慎重に行動し、失敗を最小限にすることだってあります。

「ネガティブが悪い、ポジティブが良い」人生ってそんな単純なものではない!

時にはポジティブで、時にはネガティブで、時には両方。

バランスよく状況に応じて使い分けて行くことで、人生がより豊かなものになっていきます。

幸せになることが占いの役割

結局、占いの目的って、当たることではなく、幸せになることなんです。

例えば、「誰に何を言われようが、一生懸命努力することができる」と診断されたとします。

占ってもらった人は、「当たっている」と思い、ついつい嬉しくなり、さらに頑張れるようになりました。

しかし、頑張って努力できるがゆえに、「頑張りすぎて体を壊してしまった」とか、「精神的に病んでしまった」という可能性も十分に考えらます。

単純に「長所だから良い」とか「短所だから悪い」とか、単純な話ではありません。

短所や長所を客観的に見つめて、失敗を最小限に成功を最大限にし、幸せになることが一番重要!

子どもの「占い性格診断」を変える努力も必要

先ほど、占いは天気予報に似ていると説明しましたが、みなさん知っての通り、天候はどんなに頑張っても変えられないですよね。

しかし、私たち自身の性格や気持ちは変えられます。

例えば、占いで「あなたは、~月にお酒が原因で大きく体調を崩してしまいます」という結果が出たとしましょう。

このような結果が出たら、皆さんはその日からどうしますか?

パパのアイコン画像パパ
お酒を断ちますね。とりあえずは、~月までは禁酒しよう、と決意します。

その結果、体調も改善され、体調も大きく崩れることもなく、大きな病気にもならなかった。

この時に、結果から見たら占いは当たっていません。

しかし、その方は健康という幸せを手に入れています。

こうやって、占いで出た結果をいい意味で外す努力をするため、占いを活用することが大切なんです。

パパのアイコン画像パパ
「占い師さんの言う通りです。お酒で体を崩しちゃいました」

こんなことを的中させるために占いがあるわけではありません。

好ましくないことが起こりそうなら、それを事前に防ぐために、占いを活用することも大切なんです。

前述したとおり、占いによって悪い結果がでた場合、これは外れたほうが良いに決まっています。

また、占いが外れるような努力をすることが必要になります。

これは、性格診断にも当てはまることです。

例えば、自分自身の短所が「怒りっぽい」と診断されたとします。

その結果を見て、自分は怒りっぽくないのに、と思う人もいます

それでいいんです。「怒りっぽい」というのは、短所になりますので、占いの結果がどうであれ、当たっていなくて正解なんです。

しかし、その時には、「この占いは全然当たらない。お金がもったいなかった」と怒るのではなく、

「生まれつきの性格は怒りっぽい傾向があるけど、幼少期に育ててくれる時に、親が怒りっぽいという短所をなくしてくれたんだ」

と、親に感謝できるようになることが、より幸せに生きることができるコツでもあります。

「当たっている、外れている」ということにこだわるのではなく、それ以上に重要なことを大切にしましょう。

占いは、昔からの知恵や経験則の代わりになることも

「占いは、どこかインチキ臭い」と思っている方は多くいらっしゃいます。

しかし、占いによって多くの人が助けられたり、人生の指針になったりしている現実もあります。

そのため、占いとは「昔の人から受け継いだ生活の知恵」や「古くから伝わる経験則」みたいなものかもしれません。

占い師の中には、「占いは統計学」と答える人もいますが、個人的には、まだ「統計学」と呼ぶには足りないものが多い気がします。

学問と呼ぶまでに、足りない要素もたくさんありますが、それでも人生をより豊かにしてくれる、人を幸せにしてくれるものには、かわりはありません。

そのため、占いは学問ではなく、昔から受け継がれてきた知恵や経験則みたいなもの、と言えます。

子どもは占いで育てろ!のまとめ

占い師に占ってもらうと、当たる当たらないということを気にしてしまいます。

また、どうしても結果が良い悪いという判断になってしまいます。

しかし、そのような単純な捉え方ではなく、自分が幸せになるためにはどうしたらよいのかをしっかりと考えることが大切です。

占いは、当たる当たらないということ以上に、それを活用してどのようにして幸せになるのか、というほうが重要です。

もしかしたら、今までは占いに振り回されてきた方もいたかもしれません。

しかし、上記のように活用していくと、よりよい人生を歩むためのコンパスや指針となります。

占いにより、自分を客観的に見つめ直す機会にもなりますし、短所をなくし長所を伸ばすこともできます。

もしも、占いが当たらない場合にも、親や周囲に感謝できるようになります。

ぜひ、占いを上手に活用しながら、人生を楽しみましょう。

占いの最終的な目的は、幸せになることです。占いをうまく活用し、幸せになれるように頑張りましょう。

[jin_icon_coin-cover]無料診断実施中

現在、特別に【満足度98%】の占い性格診断を無料で実施しています。

(*基本性格のみの診断です。)

この機会に、ぜひお試しください。

詳しくは、ココナラから赤松寿紀(あかまつかずき)まで、お問い合わせください。

(ココナラの登録方法が知りたい方は、1分でできるココナラの登録方法を参考にしてください。)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

MENU
閉じる