【2020年版】主夫におすすめ在宅ワーク13選!これで無理ならあきらめてください!!

子育てにおける父親の影響力がえぐい!今すぐ子どもと関わるべき!

2020 5/03
子育てにおける父親の影響力がえぐい!今すぐ子どもと関わるべき!

・父親が子育てをすると、子どもにどんな影響があるの?

・子育てで父親って重要なの?

・子育てはママだけでいいじゃん。

こんな疑問に5分14秒でお答えします。

 

子どもと積極的に関わっていますか?

父親が子育てに関わらないと、ガチで子どもに悪影響です。

子育てに積極的に参加すると、子どもにガチで良い影響があります。

私も子どもと関わる時間が全くなかったので、高校教師を辞めて子育てに専念しています。

仕事を辞める必要はありませんが、今より子どもと関わる時間を増やすことができたら、父親として子どもに良い影響を与えることができます。

とにかく小さい子どもほど、関わる時間を多くすることが大切です。

子どもと関わる時間が全くない人は、この記事を参考にして、子どもと関わる時間を増やして下さい。

我が家では、子どもと関わる時間を増やしたら、子どもの行動が目に見えて変わりました。

問題行動もなくなりましたし、妻や子どもとの関係がギクシャクすることもなくなりました。

子どもと関わる時間が増えたら、人生が好転してきました。

この記事を参考に、ぜひ子どもと関わる時間を増やして下さい。

MENU

父親の子育てが子どもに与える影響

父親が子どもに積極的に関わると、子どもに良い影響があります。

「お父さん効果(The Father Effect )」と呼ばれる言葉もあるみたいです。

それほど、父親の子育ては高い効果が期待できます。

父親の子育て参加で一番大きな影響は、ママの負担が減ることで家庭内が安定することです。

ママが安心して子どもと関わることが、子育てにおいて一番大切なこと。

ママの負担が大きくなってしまうと、当然家庭内の雰囲気が悪くなります。

夫婦間の関係も悪くなります。

そんな夫婦の関係性を見て、子どもが良い気をするはずがありません。

そんな雰囲気を子どもは敏感に察知します。

家庭内が本当に意味で安らげる場にならないと、子どもがすくすくと育ちません。

子育てにおける父親の役割とは?ガチで大切な5つのことにも書きましたが、ママの負担が軽くなることで、全てがうまく行くようになります。

では、実際に子どもにどんな影響を与えるのでしょうか。

父親が積極的に子育てに関わった子どもの特徴

お父さん効果と言う言葉があるほど、父親が子どもに積極的に関わると良い影響がたくさんあります。

その特徴をまとめてみました。

特徴1:子どもの自己肯定感が高い

父親が子育てに積極的に関わった子どもは、自己肯定感が高い傾向があります。

父親が子育てに協力的な家族は、夫婦が仲良く家庭内の雰囲気も良いので、子どもが親に対して不満を抱くことがありません。

また、家庭が安心して安らげる場になっています。

だから、子どもは「自分はここにいていいんだ」と自信を持てるようになります。

その自信が子どもの自己肯定感を高めてくれます。

自己肯定感についての記事も読むと、子どものことを深く理解できるようになります。

自己肯定感が高い子どもは、トラブルを起こしにくく、トラブルが起きてもやり遂げる強い精神力を持っています。

パパのアイコン画像パパ
父親が子どもに積極的に関わることはガチでメリットしかないですね。

特徴2:子どもの言語能力が高い

父親と子どもの関わる時間が長いと、子どもの言語能力が高いことが分かっています。

家庭内では、母親と話す時間が長いのが一般的です。

しかし、母親だけでは子どもに話しかける時間や語彙に限界があります。

そこで、父親が積極的に関わることで、母親が使わない言葉に触れることができます。

また、大人との会話不足を補うこともできます。

母親とは違う視点で話しかけるので、色んな言葉や考え方に触れることができるようになります。

父親が話しかけると子どもが触れる語彙や会話の時間も増え、子どもの語彙力が高まる。

特徴3:子どもの感情知性(EQ)が高い

子どもと積極的に関わると、子どもの感情知性も高くなることが分かっています。

ちなみに賢い子どもは、感情知性が高いことも分かっています。

また、IQよりも感情知性(EQ)が高いほうが、将来の成功しやすいと言われています。

感情知性が高くなると、様々なメリットがあります。

  • 悪さをしなくなる。
  • 友達と良好な関係を築ける。
  • 好奇心が旺盛になる。
  • 誰とでも友達になりやすい。
  • 我慢強い。
  • 人を認めることができる。
  • 父親や家族との関係が良い。

ガチでメリットしかありません。

子育ては父親にも良い影響を与える!

子育ては父親にも良い影響を与えます。

私も子育てをするようになってから、楽に生活できるようになりました。

父親の情緒の安定

データがあるわけではありませんが、私自身が子どもと関わるようになって、精神的に安定しました。

今までは、仕事ばかりになると気分転換もできずに、仕事の失敗を引きずることが多々ありました。

そんな時には、子どもとの時間を大切にすると、仕事でのことを引きずることがなくなりました。

上手に仕事のことを忘れることができると、なぜか仕事にも良い影響を与えてくれます。

もちろん、仕事の効率も上がりました。

かずきのアイコン画像かずき
これは、自分でもびっくりでした。仕事の効率が上がるなんて。

仕事しかしてなかった時には、まさか子育てをすることで、仕事に良い影響があるなんて考えもしませんでした。

パパのアイコン画像パパ
子育て最高ですね。

父親の時間管理が上手になる

子どもと関わるようになると、自分自身の時間管理も上手になります。

子どもに積極的に関わるには、それなりの時間を作らなければいけません。

その時間を確保するために、私は朝の時間を大切にしました。

朝の5時半に起きて、子どもと公園で遊ぶのを日課としていました。

朝に子どもと遊ぶメリット

・朝に子どもと遊ぶことで、生活のリズムが整う!

・頭がクリアな朝の時間を活用できる!

・職場へ早く出社できる。

・無駄な飲み会やダラダラした夜の過ごし方がなくなる。

・健康にもお財布にも優しい生活を送ることができました。

これも、子どもとの時間を大切にしていたおかげです。

まとめ:子育てにおける父親の影響力はガチで大きい

父親が子どもに与える影響がガチで大きいことが分かってくれたと思います。

今まで子どもと関わる時間がないパパこそ、これからは少しでも子どもとの時間を大切にしましょう。

子どもに良い影響があるだけでなく、パパである自分自身にも良い影響しかありません。

っていうか、子育てに積極的になって見ると、意外と子育ての魅力にとりつかれるかも。

かずきのアイコン画像かずき
最後まで読んでくれてありがとうございます。ブログの更新情報は、Twitterで発信しています。ぜひとも、かずき(@kosodateriron)をフォローしてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

MENU
閉じる