【2020年版】主夫におすすめ在宅ワーク13選!これで無理ならあきらめてください!!

失敗を恐れる子どもはガチで損をする!原因や対処法を大公開します

2020 2/22
失敗を恐れる子どもはガチで損をする!原因や対処法を大公開します

・子どもが失敗を恐れてしまいます。

・子どもが積極的に行動できません。

・苦手なことや嫌いなことを避けています。

こんなお悩みを3分45秒で解決します。

 

小学生になると、色んなことに挑戦する機会が増えます。

「うまくできないからやらない」「どうせ失敗するから嫌だ」と言って、失敗を恐れるようになるのもこの時期です。

パパのアイコン画像パパ
我が子もそうですね。親としては、どんどん挑戦してほしいのですが...。

実は、失敗を恐れるようになるのは、自分の実力と現実をはっきりと認識できている証拠なので、発達段階からすると当たり前のことです。

しかし、これからの時代においては、失敗を恐れる子どもはガチで損をします。

失敗を恐れることなく、行動し続けた子どもが成功に近づきます。

事実、最近の学校教育においても、「失敗させない」ことよりも「早く失敗させる」ことに重点を置いています。

この記事では、失敗を恐れる子どもの特徴とその改善方法がまとめてあります。

この記事を参考に失敗を恐れる子どもから挑戦できる子どもになれるように、参考にしてください。

*失敗を恐れる子どもは、もしかしたら、性格的なものかもしれません。

子どもの生まれ持った性格を知っていたら、解決できることがたくさんあります。

[jin_icon_coin-cover]無料診断実施中

現在、特別に【満足度98%】の占い性格診断を無料で実施しています。

(*基本性格のみの診断です。)

この機会に、ぜひお試しください。

詳しくは、ココナラから赤松寿紀(あかまつかずき)まで、お問い合わせください。

(ココナラの登録方法が知りたい方は、1分でできるココナラの登録方法を参考にしてください。)

MENU

失敗を恐れる子どもは「エジソン」に学べ!

「失敗」と聞くと、ネガティブなイメージがあります。

パパのアイコン画像パパ
子どもにはできるだけ失敗させたくありません。
かずきのアイコン画像かずき
最近の教育は「失敗をどれだけできるか」が重要ですよ!

エジソンの名言の中に

「失敗ではない。うまくいかない方法を一万通り発見しただけだ」

というのがあります。

子どもとって、うまくいかない方法をたくさん知っているということは、まぎれもない財産なんです。

エジソンに関して言えば、白熱電球を発明する時にも、

  • 「もうやめた方がいいんじゃない?あきらめたら?」

と何度も言われたみたいです。

しかし、最後まで失敗を恐れずに、最終的には白熱電球を発明しました。

周囲からは、まさに「失敗の男」にしか捉えられていませんでしたが、失敗を恐れなかったおかげで、成功することができたんです。

失敗は誰にでもありますので、子どもも失敗を恐れず行動できたほうが、素晴らしい人生を歩むことができます。

失敗を恐れない子どもは成長する!

失敗をしたら、全ての人がエジソンになれるわけではありません。

しかし、私たちは失敗に対しての認識を変えなければいけません。

失敗を恐れる子どもには、失敗は「してはいけないもの」ではなく、「早く失敗する」ことを教えることが重要です。

「なるべく早い時期に、良質な失敗をどのようにさせるのか」を考える!

親や教師が失敗の先回りをするようなことは絶対にしないように気をつけなければいけません。

安心して失敗してできる環境が用意されていると、何事にも積極的な子どもになります。

そして、子どもの頃の失敗の数と、その後の子どもの成長は比例することも分かっています。

失敗の数が多いほど成長できる!

失敗は記憶に残りやすい

実は、成功したことより失敗したことが記憶に残りやすいと言われています。

うまくいったことは、あまり気に留めませんが、「あそこで間違えてしまった」「これはいつもミスをするパターンだ」というようなことに関しては、意外と記憶にも残ります。

だからこそ、「失敗=ネガティブ」とならないように、子どもの意識から変えてあげましょう。

勉強も同じ

勉強においても、失敗の数が多くなれば、成績が良くなります。

そもそも勉強は、「できない」を「できる」に変えるためにするものです。

だからこそ、「失敗」=「できないこと」を適切に把握するために、失敗する必要があります。

失敗を恐れてしまうよりも、色んな事にチャレンジして、たくさんの失敗をしながら成長できるような環境を整えてあげましょう。

失敗を恐れる子どもへ失敗を責めるのはNG!

子どもが失敗をしてしまった。

そんな時には、どのように接してあげればよいのでしょうか。

一番大切なことは、「子どもの失敗を責めないこと」です。

当然ですが、失敗したくて失敗する子どもはいません。

失敗をした時に、

  • 「なんでそんなこともできないの?」
  • 「失敗して恥ずかしい」
  • 「なんで失敗するの」

このような声掛けはNG!

親として、子どもの失敗を認めたくないという気持ちになってしまうことは理解できます。

しかし、そこで怒ってしまうと、失敗を隠すようになります。

子どもの失敗の多くは「経験」が不足しているからです。

経験がない子どもは、失敗するのが当たり前です。

たとえ失敗しても、「ナイストライ」と前向きに挑戦したことを褒めてあげ、寛容な気持ちで接するようにしましょう。

失敗を恐れる子どもへの接し方

では、いざ失敗をしてしまったら、どのように対処するのが良いのでしょうか?

失敗した時には、子どもに事実を認めさせた後で、失敗したことに対しての改善策を一緒に考えましょう。

パパのアイコン画像パパ
具体的には、どうしたらいいですか?

例えば、子どもがジュースをこぼしてしまった。

そんな時には、「ジュースをこぼしてしまったね」と事実を言葉にして、気づかせてあげましょう。

ジュースがこぼれてしまった、と事実を明確にするだけで大丈夫です。

「ダメじゃないの!」と怒ったり、「気にしないでいいよ」と慰める必要もありません。

子どもが失敗を自分で認めるためには、事実を認められるような言葉が一番効果的。

失敗を認めることができたら、失敗した後にどうすればいいのかを一緒になって考えてみましょう。

その時に、すぐに解決策を教えないことが大切です。

教えてしまったら、子どもが考える機会がなくなってしまうからです。

ジュースをこぼしたのであれば、

  • こぼれたジュースを片付けるためには、どうしたらいいのか
  • なぜこぼれてしまったのか
  • こぼしてしまったとき、どのように感じたのか

このようなことを考えてもらい、自分なりにできる最善の方法が何だったのかを振り返ってみましょう。

ここまで考えることができたら、次に同じ失敗はしなくなります。

失敗を恐れる子どもへの関わり方のまとめ

「失敗=ネガティブ」なイメージがありますが、実は早く失敗したほうが子どもの成長につながります。

失敗の数ほど子どもが成長します。

だからこそ、失敗できるような環境を用意してあげましょう。

また、失敗を恐れる子どもに対して失敗を責めてはいけません。

失敗した事実を認められるような言葉がけをしてみましょう。

失敗後、どのようにしたら良いのか、一緒になって考えることで、子どもが成長します。

 

かずきのアイコン画像かずき
最後まで読んでくれてありがとうございます。ブログの更新情報は、Twitterで発信しています。ぜひとも、かずき(@kosodateriron)をフォローしてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

MENU
閉じる