【2020年版】主夫におすすめ在宅ワーク13選!これで無理ならあきらめてください!!

家庭での教育方針を今すぐ決めるべき4つの理由!

2020 1/19
家庭での教育方針を今すぐ決めるべき4つの理由!

突然ですが、家庭での教育方針はありますか?

パパのアイコン画像パパ
そんなもん、ありません。毎日楽しければいいんじゃないですか?
かずきのアイコン画像かずき
はぁ~。本当にもったいないですね。実は、家庭での教育方針は、今すぐに決めたほうが良いんです。いや、絶対に決めてください。

家庭での教育方針がないと、悩んでしまうことが増えます。

教育方針がないと、、、

・自分の子どもと人の子どもを比べてしまう。
・子どもに教える内容がぶれてしまう。
・これでいいのだろうかと、不安になってしまう。

パパのアイコン画像パパ
それ、むっちゃあるあるです。いつも迷いながら子育てしちゃってます。

そんな悩みながら子育てをしている父親こそ、この記事を読んで、教育方針を決めて下さい。

教育方針を決めるべき4つの理由


①家族で話し合う機会が増える。
②子どもに判断基準を作ってあげられる。
③他と比べることがなくなる。
④教育方針があると迷わない

 

では、教育方針を決めるべき4つの理由を紹介します。

 

MENU

教育方針を決めると家族で話し合う時間ができる

家庭での教育方針を決めるべき1つ目の理由は、家族で話し合う場を作れるからです。

家庭での教育方針を決める時には、家族でしっかりと話し合うことになります。当たり前ですね。家庭での教育方針なのに、一人で決めることはできません。

そうやって、家族で話し合う機会を作ることは、子どもがすくすく育つための環境を作るために、とっても大切なことです。

家族で話し合うことは、メリットこそあれ、デメリットは一切ありません。

子育てをする時に何を大切にするのか、どのような気持ちで子育てをするのか、どのような子どもに育ってほしいのか。

子どもと一緒になって考えることで、子どもとのコミュニケーションも増え、子どもも親が何を考えているのか、知ることができます。

子どもは、基本的には、親の言動を信じて行動しています。

家庭での教育方針を決める時に、どんな考えをしているのかを共有することは、お互いにとってメリットのあることです。

家庭の教育方針があると、子どもに判断基準を作ってあげられる

2つ目の理由は、子どもに物事を判断する基準を作ってあげられるからです。

家庭での教育方針を決め、そのように実行すると、子どもに一つの判断基準を作ってあげることができます。

大人だったら善悪の判断は、ある程度ついていると思いますが、子どもはそうではありません。

何が良くて何が悪いのか、して良いことや悪いことなど、子どもが考えていることはとても未熟で、分かっていないことも多くあります。

家庭での教育方針を決めると、子どもはそのようなことを学ぶことができるんです。また、家庭内で子どもがどのように行動すれば良いのか、理解できるようになり、安心して生活できるようになります。

反対に、厳しく育てようと思い、感情のままに子どもをしつけてしまう失敗例もたくさんあります。

あわせて読みたい
賢い親は知っている!子どもを怒る時に大切なたった1つのこととは?
賢い親は知っている!子どもを怒る時に大切なたった1つのこととは?・ついつい感情に任せて子どもを怒ってしまいます。・やっぱり怒るより褒めて育てたほうが良いのでしょうか?・子どもを怒る時に大切なことはありますか?このような悩...
あわせて読みたい
【親の背中を見て育つ】は本当だった!子どもに悪影響な親の行動とは?
【親の背中を見て育つ】は本当だった!子どもに悪影響な親の行動とは?子育てをしていると、子どもは「親の背中を見て育つ」と言われることが多くあります。実際に私が高校教師として10年間勤めた時も、「何でこんな性格なんやろうか~」と...

しつけが甘い厳しいという観点ではなく、その家庭内でどのような教育方針で子どもを育てるのかが、はっきりしているほうが、子どもは安心して生活できます。

家庭の教育方針があると、他と比べなくなる

3つ目の理由は、他の家庭と比べることがなくなり、親が不安にならず落ち着いて子育てができるからです。

教育方針を決め、どのように子どもを育てようか考え実行することで、他の子どもと比べることが少なくなります。

家庭での教育で必要なことは?
・挨拶ができる
・勉強ができる
・最後まで諦めない
・人に迷惑をかけない

まだまだたくさんありますが、子どもがこれらの能力や資質を全て身につけることはできません。完璧な子どもなんてそうそういません。

家庭での教育方針を決めておくと、例えば、

うちの子は、勉強はいまいちだけど、挨拶だけはしっかりとできます。

このように、子どもの欠点ばかりに目が行かず、子どもをありのまま認めることもできます。人と比べることも少なくなります。

それは逆に、よその子どもの良いところを認めてあげることにもつながります。我が子にない資質を持った子どもへの嫉妬もなくなります。

子育てをしていると、隣の芝生は青く見えるもので、ついつい他の人と家庭環境や子どもたちを比べてしまいます。

しかし、比べるたびに自分の家庭や子どものできていない所に目がいってしまい、ネガティブな感情を抱いてしまいます。

そうなると、子どもにきつくあたってしまったり、自己嫌悪になってしまったり、良い結果が得られません。

そうならないためにも、家庭での教育方針を決めることで、人と比べる必要がなくなり、落ち着いて子育てができるようになります。

教育方針があると迷わない

実は、家庭での教育方針がないと、不安を抱えながら子育てすることになります。

人は、ついつい隣の芝生が青く見えてしまいます。

パパのアイコン画像パパ
・あの人は、完璧な子育てをしている。
・我が子は全然できないのに、~君はなんでもできる。
・あんな風に、楽しそうに子育てをしてみたいな~。

こんなことで悩んでいる人は、家庭での教育方針がない人が大半です。

かずきのアイコン画像かずき
当たり前ですが、完璧に子育てをすることはできません。

だからこそ、自分は自分、人は人と割り切って子育てをするためにも、教育方針が必要なんです。

人と比べてしまうことは、親だけでなく、子どもにとっても悪影響しかありません。

教育方針を決めることは、メリットしかありませんので、ぜひ決めて下さいね。

家庭での教育方針を今すぐ決めるべき4つの理由のまとめ

家庭での教育方針を決めたほうが良い理由がお分かりいただけたと思います。

 

家庭での教育方針を決めるメリット

・家族で話し合うきっかけになる
・子どもに判断基準を作ってあげられる
・他と比べなくなる
・教育方針があると迷わない

この4つの他にも、まだまだ教育方針を決めるメリットはたくさんあると思います。

親にも子供にも良い結果しかないので、一度家庭での教育方針を決めてみて下さい。

最後まで読んでくれてありがとうございます。ブログの更新情報は、Twitterで発信しています。ぜひとも、かずき(@kosodateriron)をフォローしてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

MENU
閉じる