【2020年版】主夫におすすめ在宅ワーク13選!これで無理ならあきらめてください!!

初心者の主夫でも3倍おいしく料理を作るたった1つのコツ

2020 6/15
初心者の主夫でも3倍おいしく料理を作るたった1つのコツ

・料理なんてしたことないんですが、おいしく作るコツはありますか?

・主夫になりたいんですが、料理が苦手なんです。

こんな疑問を解消します。

主夫になりとてもめんどくさいのが料理です。

料理が苦手なために、主夫になることをためらっている人もいるくらいです。

でも、正直なところ、やってみれば誰でもおいしく作ることができます。

あるコツさえ守れば、おいしく作れちゃうんです。

私も、主夫になった当初は、料理が苦手で失敗もしていましたが、コツをつかんでからは、おいしく作れるようになりました。

料理をおいしく作るたった1つのコツ=レシピ通りにマニュアルに沿って作る。

これさえ守ればおいしく作れます。

事実、料理に失敗する9割の人は、レシピ通りに作っていません。

この記事では、初心者主夫でも、簡単においしく料理が作れるコツについて解説しています。

この記事を参考に、おいしい料理を家族に出してください。きっと、食卓に笑顔が広がります。

この記事のポイント
  • おいしい料理をつくるコツは、レシピ通りに作ること。
  • レシピ通りに作るとは、材料、分量、切り方、調理時間、を守ること。
  • そうすれば、失敗を限りなく減らすことができ、おいしいご飯が作れる。
MENU

主夫がおいしい料理を作るコツは「レシピ通り」に作ること

主夫がおいしい料理を作るコツは、レシピ通りに作ることです。

「そんなことか」って思っている人がたくさんいますが、意外とこれができていません。

せっかくプロ中のプロが編み出したレシピがあるのに、それに従わずに自己流でやる人が多くいます。

そして、その多くの人が失敗します。

料理のレシピは、その道何十年のプロが初心者でも作れるように分かりやすく書かれています。

その通りに作ったらおいしくできるはずなんです。

かずきのアイコン画像かずき

カップラーメンを作るのに、お湯を入れて、自己流の10分にしたら、失敗しちゃいました。

そんな人はいません。

レシピ通りに作ったらまず失敗しない。

小学生でも肉じゃがが作れる

先日、母の日に小学4年生の二男と肉じゃがを作りました。

レシピを見て作ったんですが、ほとんど息子が作ったので、小学生でも作れるように書いてくれています。

しかも、自己流で作っている妻よりもおいしく作るという。

その時も、レシピ通りに、しょうゆを~㎖とか、お酒を~㎖とか、忠実に守りました。

小学生でも失敗しなかったのは、レシピ通りに作ったおかげです。

レシピ通りに作れば、まず失敗しませんが、実際にはもう少し細かなポイントがあります。

主夫が料理をおいしく作る4つのポイント

レシピ通りに作るといっても、具体的に何をするかというと、次の4つのポイントを必ず守るようにしましょう。

①材料を守る。

②分量を守る。

③切り方を守る。

④調理時間を守る。

それぞれ詳しく説明します。

ポイント①材料を守る

まず、材料をしっかりと守りましょう。

料理のレシピには、必ず材料が載っています。

肉じゃがだったら、こんな感じです。

肉じゃがの材料

  • 豚肉
  • じゃがいも
  • にんじん
  • 玉ねぎ
  • しょうゆ
  • 砂糖
  • みりん
  • 和風だし
かずきのアイコン画像かずき

豚肉じゃなくてひき肉でいいですか?
じゃがいもじゃなくて、さつま芋でもいいですか?

良いわけがありません。絶対に失敗します。

感覚で作ったりアレンジしたりするのは、料理のプロがすることです。

初心者主夫は、レシピ通りにが基本です。

ポイント②切り方を守る

材料だけでなく、切り方もしっかり守りましょう。

正直、最初は切り方をなめていたんですが、料理って結構いろんな切り方があって驚いています。

肉じゃがでは、じゃがいもとにんじんは乱切りにします。

かずきのアイコン画像かずき

みじん切りでもいいですか?

ダメです。

切り方を間違えると、味のしみこみ方や煮込んだり焼いたりする時間も変わってきてしまいます。

つまり、失敗するということ。

乱切りって言っているのに、どっかの馬鹿みたいにみじん切りにしちゃったら、違う料理になってしまいます。

かずきのアイコン画像かずき

誰のことでしょうか?

ポイント③分量を守る

続いて、分量も確実に守りましょう。

レシピに4人前の分量が、「しょうゆ:大さじ2」と書かれていたら、めんどくさいですが、大さじを準備して入れます。

特に、しょうゆや油、お酒などの調味料は、分量を間違えると、味のバランスがおかしくなってしまいます。

カップラーメンでも、お湯を注ぐときには、きっちり線までいれますよね。

お湯が少なかったら、メンが硬いままだし、多かったら、味が薄くなってしまいます。

それくらい分量は大切です。

ポイント④時間を守る

最後のポイントは、時間を守ることです。

時間とは、煮込んだり炒めたりする時間のこと。

意外とこの調理時間を軽んじている人が多いです。

カップラーメンでも、お湯を入れて3分って決まっていまよね。

かずきのアイコン画像かずき

私は自己流の10分です。

そんな人はいません。

でも、カップラーメンの3分は守れるのに、料理の3分は守れない人がいます。

特に初心者の方は、だいたいで計算してしまいます。

だいたいではなく、きちっと時間も守ることで、初心者でもおいしい料理が作れます。

まとめ:初心者主夫が料理で失敗しないためにはレシピ通りに作ろう

初心者の主夫でもおいしく料理を作れるコツやポイントについて解説しました。

料理が苦手だって人でも、主夫になることをあきらめないでください。

きちんと、レシピ通りに作れば、まず失敗することはありません。

この記事でコツを学んで、ぜひおいしい料理で家族を笑顔にさせてあげてください。

最後にもう一度おさらいです。

主夫でも作れるおいしい料理のコツ=レシピ通りに作る

レシピ通りに作るポイント4つのポイント

  • 材料を守る。
  • 切り方を守る。
  • 分量を守る。
  • 時間を守る。

これでおいしい料理を作ることができます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

MENU
閉じる