【2020年版】主夫におすすめ在宅ワーク13選!これで無理ならあきらめてください!!

育児書は必要?普段読まないあなたにも育児書の活用方法を大公開!

2020 1/19
育児書は必要?普段読まないあなたにも育児書の活用方法を大公開!

育児書の効果的な活用方法がありますか?

育児書って読んだほうが良いんですか?

子育ての色んな情報に振り回されてしまいます。

このようなお悩みに4分12秒でお答えします。

 

現在3人(男子3兄弟)の子どもと、楽しく生活しています。

パパ友や知り合いのママさん達と子育てトークで盛り上がっていると、育児書に関する疑問がたくさんでてきます。

初めての子どもを育てている時には、育児書に書かれていること鵜吞みにすることもありました。

育児書に書かれていることと我が子を比べてしまい、不安にもなりました。

パパのアイコン画像パパ
なかなか育児書の活用方法が難しいですね。

実は、育児書には適切な活用方法があるんです。

その活用方法を知っておくだけで、育児書に振り回されることなく、簡単に子育てに活かすことができます。

この記事に書かれていることを意識しながら子育てをしてみてください。

この記事のポイント


・育児書の活用方法。

・育児書と子どもを比べなくていい。

・育児書は落ち着くための道具。

MENU

育児書は子どもを理解するために必要

育児書の一番の目的は、子どもを深く理解するためです。

みなさんもご存知の通り、育児書がそのまま通用する子育てはありません。

だからと言って、育児書が必要ないかと言うと、そうでもありません。

多くの育児書を読んだり、子育ての講演を聞きに行ったりすることで、知識として知っておくことは絶対に必要です。

これは、新米ママさんであっても、ベテランママさんであっても同じことです。

子育てをしていると、自分の経験だけで判断してしまうことがあります。

しかし、経験だけでは子どもを深く理解することできません。

そこで役に立つのが、育児書や子育ての本です。

特に、科学的に証明された理論や多くの方の経験を学ぶことによって、子どもの理解が深まります。

子どもを深く理解することが、心理的な安定につながり、安心して子育てができるようになります。

おすすめの育児書は?

育児書って、本当に色んな種類があって、どれが良いのか分かりませんよね。

育児書を全く読まないという人も、多くいらっしゃいます。

パパのアイコン画像パパ
私も、全然読まないですね。

私は読書が好きなので、自然とたくさんの育児書を読んでいます。

色んな育児書を読んでも、

  • 「そうそう、私の子どもに当てはまる」
  • 「あの本にはそう書いてあるけれど、ちょっと違うかな」
  • 「そんなこと全然知らなかった。もっと早く知っておけば」

人によって様々な感想があります。

パパのアイコン画像パパ
で、結局どんな育児書が良いんですか?

ずばり『この本は完璧なおススメ本です』と言う育児書はありません。

残念ながら、みなさんの期待に100%応えられるような完璧な本は、ありません。

育児書を読んでも、自分の子どもに当てはまるかどうかが分からない!

しかし、上記で述べたように、育児書を読むということは、とても大切なことです。

どの子どもにでも当てはまるような普遍的なことを学んでおくことが、子ども理解に役立てられる。

育児書を信じすぎない

育児書を活用する時に、注意する点がいくつかあります。

一番大切なことは、育児書を到達目標にしてはいけないということです。

色んな育児書を読むと、成長曲線などの一般的なデータや傾向が載っています。

私も、長男の子育ての時には、初めての子育てでしたので、育児書に書かれてあることをうのみにしていました。

育児書に載っている身長や体重と長男を比べてしまうこともありました。

かずきのアイコン画像かずき
育児書と我が子を比べてしまい、一般的な平均値にまで達していないと、とても不安になりましたよ。

しかし、本来はそのデータや数値は平均的なものであって、そのまま全てが子どもに当てはまることはありません。

平均値からずれていたとしても、不安になることはない!

今では育児書や成長曲線などのデータは、子どもの到達目標ではないということを知っているので、安心して子育てができています。

大切なことは落ち着いて子育てをすること

育児書を読む時に、意識してほしいことは、慌てず不安にならないことです。

育児書を読んでいて、自分の子どもに当てはまりそうなことがあれば、どうぞ安心してください。

もし、当てはまらないことがあっても、決して不安にならないようにしましょう。

育児書の中に書かれていることと子どもを比べることによって、自分の気持ちが不安定になることもあります。

子どもが問題を起こした時に、

  • 「いったい何があったの」

と泣き叫ぶよりも、

  • 「それくらい大丈夫」

と落ち着いた対応をするほうが、子どもにとって良い影響をもたらします。

親が不安になると子どもも不安になる

親が心配しすぎると、その心配を現実のものにしてしまうことがあります。

多くの子どもを見てきた私の経験からも、不安感の強い不安定な子どもは、やはり親の不安も強いです。

予言の自己成就とは?

たとえ根拠のない予言(=噂や思い込み)であっても、人々がその予言を信じて行動することによって、結果として予言通りの現実がつくられるという現象のこと。 例えば、ある銀行が危ないという噂を聞いて、人々が預金を下ろすという行動をとることで、本当に銀行が倒産してしまう、というもの。 このような社会現象のメカニズムを、アメリカの社会学者マートンは「予言の自己成就」と名付けた。

(引用:コトバンク)

どんな時も不安にならずに、「そんなこともあるか」くらいの気持ちで子育てをするほうが、結果的にうまくいきます。

育児書の活用方法のまとめ

育児書の活用方法をまとめてみました。

育児書を上手に活用できずに、逆に不安になる方もいます。

落ち着いて子育てができるように、適切な育児書の使い方をマスターしてみましょう。

この記事のポイント!
  • どんな子どもにも当てはまるような完璧な育児書はない。
  • 様々な育児書で知識を吸収し、それを子どもに合わせて応用していくことが大切。
  • 育児書に書かれていることや成長曲線などのデータは、子どもの到達目標ではない。
  • どんな時も、落ち着いて子育てをする。
  • 親の不安が子どもに伝わると、子どもの不安も強くなる。
  • 育児書に書かれていることと子どもを比べる必要はない。
  • 育児書を読む一番の目的は、子どもを理解するため。
かずきのアイコン画像かずき
最後まで読んでくれてありがとうございます。ブログの更新情報は、Twitterで発信しています。ぜひとも、かずき(@kosodateriron)をフォローしてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

MENU
閉じる