【2020年版】主夫におすすめ在宅ワーク13選!これで無理ならあきらめてください!!

おねしょの原因は○○!おねしょを卒業するために必要な3つのこととは?

2020 1/20
おねしょの原因は○○!おねしょを卒業するために必要な3つのこととは?

子どものおねしょの原因って何なの?

おねしょを卒業するためにはどうしたらいいの?

子どもがおねしょをしてしまいイライラします。

この記事はこのような悩みを5分で解決します。

 

子どものおねしょが原因で悩むことってありますよね。

パパのアイコン画像パパ
いや~~~~。ぶっちゃけ、ありますね。

子どもが2歳くらいになり、おむつを卒業させようと頑張ってみてもうまくいきません。

それどころか、子どもががおねしょをしてしまい、さらにイライラしてしまいます。

実は、子どもがおねしょをしてしまう原因を適切に理解しないと、いつまでたっても卒業することができません。

この記事でおねしょの原因を知り、具体的な方法を試すことで、イライラすることなく子どものおねしょを卒業させることができます。

実際に、おねしょの原因を知ることで、私の子どももすんなりと卒業することができました。

この記事を参考に子どものおねしょを卒業させましょう。

この記事のポイント

・おねしょの原因を知る。

・おねしょを卒業するための心構えを学ぶ。

・おねしょの卒業に向けての方法を知る。

 

MENU

おねしょの原因は何?

おねしょの原因を考えたことありますか。

パパのアイコン画像パパ
え?ただお茶や水を飲み過ぎただけでしょ?
かずきのアイコン画像かずき
まあ、それはそうなんですが、正解ではありません。

おねしょの原因はたった1つです。

おねしょの原因

夜寝ている時のおしっこの量が、おしっこをためる膀胱の大きさを超えてしまう

かずきのアイコン画像かずき
これだけです。
パパのアイコン画像パパ
なんか、分かりやすいですね。

子どもは膀胱が発達していないので、たくさんの尿をためておけません。

だから、おねしょをしてしまいます。

また、膀胱が発達していても、夜間にたまる尿の量が多ければ、おねしょをしてしまいます。

おねしょをするかしないかは、膀胱の大きさと夜の尿とのバランスによって決まる。

 

おねしょを卒業する時期は3歳前後

おねしょを卒業する時期は2~3歳が一般的です。

この時期に、子どもは尿意を感じる機能が徐々に発達してきます。

ただ、個人差があるので、夜に尿意を感じる機能が未発達な子どもも多くいます。

子どもをしっかりと観察して、おねしょを卒業する時期かどうかを見極めて下さい。

夜中に子どもを起こすのはNG

パパのアイコン画像パパ
え?夜中に子どもを起こしてトイレに行かすのは、ダメなんですか?
かずきのアイコン画像かずき
言うと思っていました。(笑)それはNGですね。

起こしてしまうと、膀胱に尿をためる前にトイレに行くことになります。

そうなると、膀胱が鍛えられずに発達しません。

乳幼児期には、膀胱を鍛えることも重要!

子どもに「トイレに行ってきたら」と促すことがあります。

悪いことではありませんが、言い過ぎると膀胱が発達する機会がなくなります。

トイレに行く回数と膀胱の発達のバランスを取りながら、頻繁にトイレに行かせないようにしましょう。

 

おねしょには3種類ある

おねしょの根本的な原因が分かったところで、次におねしょの種類について説明します。

3種類のおねしょとは?

1、まったくおねしょをしない

2、寝てすぐのおねしょ

3、朝方のおねしょ

まったくおねしょをしない状態

1つ目は、全くおねしょをしない状態です。

パパのアイコン画像パパ
おねしょを卒業している段階ですね。うらやましい。

膀胱が発達していると、夜間の尿をしっかりためることができます。

ためることができるので、朝までおねしょをすることがありません。

 

2、寝てすぐのおねしょ

2つ目は、寝てすぐのおねしょです。

子どもは、寝てから1~2時間後におねしょをしてしまうことがあります。

寝てすぐのおねしょの原因は、膀胱が小さいことです。

1~2時間ですぐにいっぱいになってしまいます。

この状態では、おねしょを卒業することはできません。

子どもの膀胱が未発達だったり、寝てからもどんどんおしっこが作られます。

おむつで様子を見ながら、子どもの膀胱が発達するのを気長に待ちましょう。

かずきのアイコン画像かずき
子どもが寝ている時に、いつおねしょをしている確認することが大事です。

 

3、朝方のおねしょ

3つ目は、朝方のおねしょです。

子どもは、朝方におねしょをすることがあります。

パパのアイコン画像パパ
朝するんやったら、トイレに行ってくれって話ですね。

この段階になると、おねしょを卒業するまであと少しです。

夜中に作られるおしっこの量も減り、膀胱も発達しているので、明け方までおねしょをしません。

朝になると尿の量と膀胱の調節がうまくいかなくなり、おねしょをしてしまいます。

かずきのアイコン画像かずき
朝方のおねしょだとしても、子どもにとっては成長ですよ。卒業までもう少し!

子どもはどのおねしょ?

おねしょを卒業するためには、子どもがどんなおねしょをしているかを確認してみましょう。

1週間に1回は、子どもがいつおねしょをしているのかを確認すること!

子どもがいつどのようなおねしょをしているのかで、卒業できるかどうかが分かります。

卒業にはまだ早い段階

・おねしょの量がとても多い。

・寝て直後のおねしょをしている。

・起きている時にお漏らしをしてしまう。

卒業までもう少し

・朝方におねしょをする。

・おねしょの量が少ない。

・起きている時には、トイレに行っておしっこができる。

パパのアイコン画像パパ
ここまできたら、おねしょのの卒業ももうすぐですね。

最後に、おねしょを卒業するための、親としての心構えを紹介します。

おねしょを卒業するための3つの大切なこと

おねしょを卒業するために必要なことは3つあります。

  1. 起こさない
  2. 怒らない
  3. 焦らない

この3つを意識すると、ストレスなく卒業することができます。

それでは、それぞれ解説していきます。

起こさない!

おねしょを卒業するためには、子どもを夜中に起こさないで下さい。

我が家も長男が3歳くらいの時には、おねしょをさせたくないあまりに、夜中に起こしていました。

パパのアイコン画像パパ
え?私も起こしていますよ。だって、おねしょ嫌ですやん。

実は、子どもを夜中に起こしてトイレに行かせる状況が続くと、いつまでたってもおねしょから卒業することができません。

夜中におこして睡眠を乱すと、尿を濃くして尿量を抑える抗利尿ホルモンが減って、夜間の尿量が返って増えてしまい、ぐっしょり型のおねしょを固定させてしまうことになります。” (引用:『おねしょなんかこわくない』、帆足 英一)

夜中に起こすことで、睡眠と尿意のバランスが崩れ、おねしょをしやすい状態になってしまうんです。

おねしょをさせたくないという気持ちは分かりますが、おねしょをさせないために起こすことはしないようにしましょう。

怒らないで!

おねしょを卒業するためには、怒らないことも大切です。

パパのアイコン画像パパ
そうは言っても、ついつい怒ってしまうんですよね。
かずきのアイコン画像かずき
子ども怒っても、何の解決策にもなりませんよ。

おねしょというのは、自分の膀胱の大きさをおしっこの量が超えてしまうことです。

小さな子どもは、自分でコントロールできないので、勝手におねしょをしてしまう。

寝る前に神様に約束をしても、膀胱が発達していない小さな子どもはどうすることできません。

そんな時に怒ってしまったら、子どもは次からおねしょをしたことを隠すようになります。

おねしょをしたことを怒るよりも、シーツの洗い方でも教えてあげましょう。

焦らないで!

おねしょを卒業するためには、焦らないことも必要です。

子どもがおねしょをした時、親としてどのような気持ちになりますか?

パパのアイコン画像パパ
「また、おねしょか。」

「幼稚園のお友達は、みんなおねしょから卒業しているのに!」

「もう、いい加減にしてほしい」

って思ってしまいますね。

そんな時でも焦らないで下さい。

小学校に入学する前であれば、全く焦る必要はありません。

かずきのアイコン画像かずき
私の長男も、小学校に入学するまでちょくちょくお漏らしをしていました。(笑)

そのおかげで、長男はシーツや布団を選択する方法が身についています。

小学生になってもおねしょをするようであれば、「夜尿症」の疑いもありますので、専門機関を受診して下さい。

焦ってしまうと、子どもは「おねしょをしてはいけない」というプレッシャーやストレスを感じてしまいます。

それがさらにおねしょを悪化させる原因にもなります。

子どもが追い詰められないように、焦らないようにしましょう。

子どものおねしょの原因と改善策のまとめ

おねしょを卒業するための原因と3つの心構えをまとめてみました。

おねしょからの卒業は、親ならだれでも望んでいます。

しかし、その思いが強くなりすぎると、子どもの状況を適切に把握することができません。

おねしょの原因は、膀胱の大きさと尿の量ということを意識して、子どもに向き合って下さい。

また、「起こさず、怒らず、焦らず」の心構えで、子どもがおねしょを卒業するまで支えてあげましょう。

かずきのアイコン画像かずき
決して怒ってはいけませんよ。
かずきのアイコン画像かずき
最後まで読んでくれてありがとうございます。ブログの更新情報は、Twitterで発信しています。ぜひとも、かずき(@kosodateriron)をフォローしてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

MENU
閉じる