【2020年版】主夫におすすめ在宅ワーク13選!これで無理ならあきらめてください!!

主夫に向いている人の特徴9選!3つ当てはまればあなたも立派な主夫です

2020 6/14
主夫に向いている人の特徴9選!3つ当てはまればあなたも立派な主夫です

こういった疑問にお答えします。

こんにちは、かずき(@kosodateriron)です。

早いもので、主夫歴2年になりました。

我ながら、主夫って自分にとって天職だなって感じながら生活しています。

主夫を経験することで、主夫に向いている人ってこんな人、っていうのが分かるようになりました。

ということで、この記事で、主夫に向いている人の特徴をまとめようと思います。

この記事を読めば、こんなことが解決できます。

・主夫になりたいけど、どんな人が向いているのかな?

・こんな自分でも主夫になれるかな?

この記事では、主夫に向いている人の特徴を9つ紹介します。そのうち、3つでも当てはまれば、あなたも立派な主夫になれます。

この記事が、主夫になりたい方の参考になればと思います。

MENU

主夫に向いている人の特徴9選!

主夫に向いている人の特徴は、この9つです。

主夫に向いている人の特徴

  1. 自分の価値観を大切にできる
  2. 自己肯定感が高い
  3. 安定志向
  4. 楽観的
  5. 凝り性
  6. 感謝できる
  7. 自立心がある
  8. 見返りを求めない
  9. 無駄なプライドがない

もちろん、すべて当てはまっていないといけないかというと、そうではありません。

9つのうち3つでも当てはまっていたら、主夫に向いています。

主夫の資質は、主夫になってから伸ばせるから、全然当てはまらなくても大丈夫なんです。

向き不向きよりもそれ以上に重要なのは、主夫になりたいって気持ち。

だから、全然当てはまらないという方でも、主夫になりたい気持ちがあれば無問題。

もちろん、理由がなくても、気楽に主夫を選択することもできます。

だから、主夫の向き不向きはあるけど、そこまで気にすることはないよって言うことです。

この9つに加えて『「専業主夫」になりたい男たち (ポプラ新書 77) [ 白河 桃子 ]』には、次のように載っています。

・テーブルの物が落ちそうになったら先に手を出す。

・男女関係なく、すごい人は素直にすごいと思える。

・女性の活躍に嫉妬しない。

・プライドの捨て方がうまい。

・家族で愛される力がある。

・乙女成分が高い。

・コミュニケーション能力が高くママ友、近所とうまくやれる。

・バンドならボーカルより後ろにいるドラムやベース。

・ケチなほどの節約家(Tポイントをためるのが好き)家にいるのが好き。

・個性的なルックス。子育てに興味がある。

嘘をつかない、浮気をしない。

出典:『「専業主夫」になりたい男たち』
パパのアイコン画像パパ

より具体的な資質ですね。

主夫に向いているかいないかは、正直色んな要素があるので、少しでも当てはまるのなら、主夫を選択してもいいかと思います。

では、それぞれの特徴を詳しく説明していきます。

3つでも当てはまれば主夫になれる

9つの特徴すべてに当てはまる人はいません。

でも、この中の3つでも当てはまるのなら、今すぐにでも主夫になっても問題ありません。

主夫に向いてないと思っていても、主夫になると性格的にも変化してくるからです。

だから、3つ当てはまるようなら、今すぐ主夫になりましょう。

特徴①:自分の価値観を大切にできる

自分の価値観を大切にできる人は、確実に主夫に向いています。

主夫になると、色んなことを言われます。

この記事(主夫が言われて嫌だったこと15選)にまとめてありますが、言われて嫌なことも当然あります。

そんな時に、自分の価値観ではなく、人の価値観に影響されやすい人だと、自分が主夫であることを受け入れられなくなる傾向があります。

主夫として落ち込むこともありますが、最終的には、自分が良いと思ったことを認められると、主夫として充実した生活が送れます。

また、自分の価値観を大切にできる人は、人の価値観を大切にできる人です。

だから、妻が外で働いて稼ぐことに対しても、認めてあげることができます。

それができると、家族の幸福度が3倍に跳ね上がります。

特徴②:自己肯定感が高い

自己肯定感が高い人は、主夫に向いています。

自己肯定感が高い人の特徴

  • 根拠のない自信がある。
  • 自分で何とかできると思っている。
  • 粘り強くコツコツ頑張れる。
  • 自分の意見をはっきり言える。
  • 人に流されず自分を持っている。
  • 怒られても、気にしない。
  • 立ち直りが速い。

主夫になると、人から色んなことを言われたり、色んなことを人と比べて気にしてしまいます。

働いていた時よりも、人と比べてることも多くなります。

でも、自己肯定感が高い人は、人と比べた時に、自分を大切にできるので、主夫である自分のことも認めてあげられる。

そんな人が、主夫に向いています。

また、主夫をしていて嫌なことがあったら、発散できずに落ち込んでしまうときもあります。

そんな時に、自己肯定感が高い人のほうが、立ち直りが速く、前向きに頑張れます。

特徴③:安定志向

私も、THE安定志向の人間です。

学校の先生をしてたくらいですからね。

主夫になると、自分が関わる範囲が家族に限定されるので、家族さえ治まっていれば、安定して生活できます。

そんな安定を求めていたり、安定した日常でもやっていける人が向いています。

また、安定志向のほうが、落ち着いてコツコツと家事育児に取り組むことができます。

特徴④楽観的

楽観的な人の方が、主夫に向いています。

主夫って、けっこう独りぼっちだと感じる時があります。

ほんとは、家族がいるので、独りぼっちではないですよ。

でも、たまに独りぼっちだと感じてしまうんですよね。

そんな時に、「自分は社会から取り残されている」なんて、ネガティブに考えるような人は、向いていません。

孤独を感じた時に、「一人の時間があってありがたい」くらいに思える人の方が、主夫としての悩みがなくなります。

あと、子育てをしていると、子どもがむかつく時があるんですよね。

そんな時には、楽観的に考えて忘れられる方が、ストレスがたまりにくいです。楽観的のほうが、子どもにも自分にも良い影響があります。

特徴⑤凝り性

主夫になる時には、こだわりは捨てた方がいいですが、意外と凝り性な人は主夫に向いています。

  • はじめは苦手だったけど、食事を作っているうちに、だんだんと凝ってしまって上達した。
  • いつも、適当に掃除をしていたけど、やっているうちに徹底的に掃除してしまった。
  • スイッチが入って断捨離に目覚めた。

どれも、主夫あるあるです。

フィギュアとか集めていたり、凝り性な人は、主夫になると意外な成果を発揮できます。

特徴⑥:感謝できる

性別問わず、誰にでも感謝できる人は、主夫に向いていると思います。

正直なところ、妻に働いてもらっているので、感謝するしかありません。

本音は、主夫もしっかり働いているやろと思いますが、それでも妻に「ありがとう」と感謝できる人は、主夫に向いています。

特徴⑦:自立心がある

依存体質ではなく、独立心がある人は、主夫に向いています。

主夫になると、自分で考えて自分で判断することが増えます。

安いお肉を買おうか、今日は奮発して自分だけ良い肉を食べようか、判断しないといけません。

何でも自分で考えて、自分で行動できる人が、主夫に向いています。

主夫になったのに、家のことをいちいち妻に聞いていたら、「主夫しなくていいじゃん」ってなってしまいます。

自分で考えて、自分で創意工夫をして、自分で行動する。そんな人が主夫に向いています。

特徴⑧:見返りを求めない人

主夫の仕事をしたからといって、お金がもらえるわけではありません。

無償労働の代表です。

そんな仕事に、見返りを求めていたらやってられません。

  • ご飯を作る。
  • 洗濯をする。
  • 掃除をする。

いちいち、家族からお金をもらったり、ありがとうと言われたりすることはありません。

それでも、自分なりの価値を見出して頑張ることができる。そんな見返りを求めない人は、主夫に向いています。

特徴⑨:無駄なプライドがない

主夫になる時には、無駄なプライドを捨てることが大切です。

男としてのプライドも、仕事で培ったプライドも、ぶっちゃけ主夫としては邪魔なだけです。

主夫になったのに、「俺は大企業で働いていたんだぜ。」って言う男は、主夫に向いていません。

大企業で働いていても、お金をたくさん稼いでいても、おいしいご飯が作れるわけじゃない。

主夫としてやっていくには、無駄なプライドがないほうが、楽しくやっていけます。

まとめ:主夫に向いている人の特徴

主夫に向いている人の特徴をまとめてみました。

もちろん、すべて当てはまる適正1000%の人なんかいません。

でも、この中で3つでも当てはまったら、主夫に向いていると自信を持ってください。

そういう私も、あまり当てはまっていませんでした。

だから、この記事(専業主夫の悩み15選と乗り越える方法とは?)で書いたように悩んでしまいました。

この中で、少しでも当てはまる人は、ぜひ主夫になってほしいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

MENU
閉じる