【2020年版】主夫におすすめ在宅ワーク13選!これで無理ならあきらめてください!!

かっこいいパパになるためのチェックシート【100】

2020 5/03
かっこいいパパになるためのチェックシート【100】

・かっこいいパパになりたい。

・子どもからも妻からも愛される父親になりたい。

・世界一かっこいいパパになりたい。

はい、そんな思いを持ち続けているかずきです。

 

自分ではイケてると思っていても、ママや子どもからみると、全然かっこいいパパじゃないことがあります。

私も、かっこいいパパを目指しているのですが、その頑張りが結局自己満になってしまうこともあります。

そんな自己満にならないために、世界一かっこいいパパになるためにどんなことに取り組んでいくのかを、ここにまとめておきたいと思います。

ここに書かれていることは、あくまで、私自身がこうして頑張っていきたいということです。

間違っても、これが世間一般で言う、良い父親の条件ではありません。

私個人が目指すべきかっこいいパパの目標として挙げてあります。

世界一かっこいいパパになるために、備忘録として残しておきたいと思います。

MENU

かっこいいパパになるためのチェックシート【100】

かずきのアイコン画像かずき
かっこいいパパになるために、次の100のことを頑張っていきたい。

っていっても、100個も考えるのって大変なんですよね。

だから、とりあえず、50個ほど考えて、随時追記していきたいと思います。

 

1:子育てに積極的

かっこいいパパは、子育てに積極的ですね。

子育てが辛いとかめんどくさいとか、そんなことは考えません。

むしろ、子どもとの時間を楽しめる、そんなかっこいいパパになりたいと思います。

 

2:父親が子育てするのは当たり前だと考えている

フルで働いていたとしても、父親が子育てをするのは、当たり前だと考えています。

 

3:ママや子どもよりも早く起きる。

かずきのアイコン画像かずき
はい、疲れて寝てしまって、ママより先に起きれていません。

ママよりも早く起きて、掃除や洗濯、朝食の準備をするような、かっこいいパパになりたいですね。

 

4:朝食の準備をする

朝起きて、朝食の準備をできたら、ガチでかっこいい。

かずきのアイコン画像かずき
速水もこみちさんみたいですね。

かずき’Sキッチンでもしようかな。

 

5:家事をするのは当たり前

むしろ、以下の時代、女性だけが家事や育児をするのはどうかと思いますが、家事をするのは当たり前な男になりたいですね。

 

6:家族をキャンプに連れて行く

家族をキャンプに連れて行く、かっこいいパパですね。

私は、今まで一度も家族でキャンプに行ったことはありません。

今年の夏くらいには行きたいですね。

 

7:すぐに感情的にならない

すぐに感情的になるパパもいますが、それは子どもにとってはマイナスです。

いつもどっしりと構えていられるかっこいいパパになりたいですね。

 

8:物事の本質を見抜くことができる。

これ、私得意中の得意です。多分(笑)

物事に振り回されずに、本質を見極め、子どもにも伝えていけるようにしたいもんです。

 

9:常に理想のパパになろうと努力している。

かっこいいパパになるためには、自分が頑張っている姿を家族に見せる必要があります。

パパが頑張っているうしろ姿を見て、子どもも学ぶことがたくさんありそうですね。

 

10:仕事の不満を家庭に持ち込まない

家に帰ってまで、仕事の不満を言うと、家族に良い影響を与えません。

イケてるパパは、仕事で嫌なことがあっても、家庭では何にもなかったように振る舞えるはず。

 

11:子どもの手本になっている

かっこいいパパは、常に子どもの手本になっています。

子どもから尊敬されるようなパパになりたいです。

 

12:常に学ぶ姿勢がある

かっこいいパパは、常に学ぶ姿勢があります。

もちろん、子どもからも何か学べることがないか探しています。

そんな私も、子どもから学ぶことがたくさんありました。

詳しくは、【必見】子育てがつまらないパパに読んでほしい子育ての魅力を読んでみて下さい。

 

13:何に対しても好奇心旺盛で積極的

子どもと同じように、何に対しても好奇心を持ち積極的に行動できるパパはかっこいいですね。

大人でも子どもでも、積極的に行動できる人のほうが、成功しやすいと思っています。

ダントツで【挑戦力】子どもに身につけさせたい資質はこれで決まり!

 

14:飲み会から帰ってきても、お風呂に入り洗濯をする

はい。これ、私のことです。(笑)

結婚当初は、飲み会から帰ると、風呂にも入らずにそのまま寝ていました。

でも、さすがに妻に言われて、帰ってきてから、きちんとお風呂に入り洗濯をするようになりました。

もちろん、二日酔いであっても、家族で朝ごはんもしっかりと食べますよ。

 

15:家族の記念日を覚えている

家族の記念日を覚えているのも、できるパパって感じがしますね。

妻や子どもの誕生日や、結婚記念日など、忘れずにお祝いできる男は、かっこいいですね。

 

16:適切な時期に、子離れができる

私が高校の教師をしていた時に、いつまでも未練たらたらで、子離れができていないパパママがいました。

かずきのアイコン画像かずき
いいかげん、子離れしろよ。

しょっちゅう、そんなこと思っていましたよ。

はっきり言って、子離れできないと、子どもが自立しにくいんです。

だから、適切な時期に、ちゃんと子離れできるパパになりたいですね。

 

17:身なりに清潔感がある

パパのアイコン画像パパ
ぎく!!!!!

きっと、いけてるパパは、清潔感があるはず。

ジェントルマンというか、真摯と言うか、、、、

最低でも、不潔と思われないようにしたいものです。

 

18:お腹が出ていない

年齢と同時に、だんだんお腹も出てきます。

現在、根性ダイエット(【根性ダイエット】1か月目レポート:6キロ痩せました)真っ最中ですが、なんとかお腹が出ないように頑張っています。

お腹が出るのは、太ったからではなく、筋肉がなくなり、お腹の中の腸が下がってくるためだと言われています。

だからこそ、筋トレをしてお腹が出ないようにしたいですね。

19:親父臭がしない

かっこいいパパは、なんとなくフレグランスの香りがする、はず。

良い匂いはしなくても、臭くはないはず。

臭くなる前に、自分の年齢を考えて対策をしていきたいと思います。

夏には、【パパくさいと言われたら「AHCセンシティブ」を使おう】こんな対策もしていました。

20:体脂肪15パーセント以下

ぎく!!( ゚Д゚)

かっこいいパパは、体脂肪にも気を使っている。

私が現在20パーセントくらいなので、あと5%落として、何とかイケてるパパになってやる。

 

21:いざという時に頼れる友達がいる

かっこいいパパは、いざという時に頼れる友達がいます。

自分1人の限界なんて、たかが知れています。

生きていたら、何かしら困ることがある。

そんな時に、頼れる友達がいるなんて、かっこいいじゃないですか。

 

22:自信を持っている

人間なんて、失敗しても成功しても、堂々と自信持っていれば、それなりにかっこよく見えます。

失敗しても、家族の前では、自信たっぷりな姿を見せられるような精神力を身につけたいですね。

 

23:本を1か月に3冊以上読んでいる

1か月に3冊以上本を読んでいる日本人の割合は、なんと5%。

だから、とりあえず、1か月に3冊以上本を読めば、日本人の上位5%に入ることができる。

かずきのアイコン画像かずき
上位5%ですよ。かっこいいですね。

 

24:客観的に自分を振り返ることができる

自己満パパにならないためには、常に自分自身を振り返らなければなりません。

そんな、イケてるパパになるためには、メタ認知能力を鍛えて、自分を客観視できるようにしておきたいです。

 

25:仕事以外に打ち込めるものがある

かっこいいパパは、仕事以外にも打ち込めるものがあります。

趣味でも運動でもブログでも何でもいいので、打ち込んでいる姿を、家族に見せてあげて下さい。

ちなみに、私は、今はブログに夢中です。

子育てパパこそブログを書いた方が良い5つの理由とは?にも書きましたが、メリットばかりです。

 

26:優しい

人に優しくできる人って、素敵ですね。

誰でも助けてあげられるような、余裕のあるパパになりたいものです。

 

27:ママに「愛してる」と言える

あんまり普段から「愛してる」なんて言わないので、これ言える人、ガチで尊敬します。

世界一かっこいいパパになる道は険しいですね。(笑)

 

28:ママと1日1時間以上話をしている

かっこいいパパは、ママとの時間も大切にしています。

1時間と聞くと、どんな印象ですか?

パパのアイコン画像パパ
1時間なんて、あっという間ですよ。

計ってみると、案外1時間が長いことに気が付きます。

でも、それくらい、ママとの時間を大切したいですね。

 

29:ママと話している時に、解決策を言わない

女性と話していると、ついつい落ちのない話に、うんざりしてしまい、解決策を言ってしまいます。

そんな男性と女性の脳の違いを理解して、ママの話をずっと聞いていられる。

そんなパパはかっこいいですね。

 

30:ママの子育てに感謝している

自分自身が子育てや家事に頑張っていると、ついついママよりやっていると、勘違いすることがあります。

でも、これは絶対NG。

子育ては、誰がどれだけやっているかを比べることよりも、お互いに足りないことを補い合ったほうが、絶対にうまくいく!

そのためには、今やってもらっていることを感謝できるようにならないといけません。

 

31:ママのことを大切にしている

ママのことを大切にできるパパはかっこいいですね。

ママを大切にする姿を子どもに見せるておくと、いざ自分の子どもが結婚した時に、同じような行動をとってくれます。

理想のパパ像を見せておくことで、子どもも幸せな結婚生活を歩んでくれます。

 

32:ママの友達を大切にできる

ママを大切にできるだけでなく、ママ友を大切にできるパパもかっこいいですね。

家に、ママ友が気軽に遊びに来る、そんな家庭なら最高です。

パパに気を遣いながら遊びに来るようなら、まだまだ改善できそうです。

 

33:物知りで、子どもの質問に答えられる

読書を1か月に3冊読むと、日本人の上位5%です。

そうやって読書をして、常に学んでいると、子どもの質問に答えられるようになります。

「お父さんって、何でそんなに物知りなの?」と尊敬される父親になりたいものです。

逆に、知らないことが出てきても、大丈夫。

しっかりと、そんな時の対処法もあります。

詳しくは、この記事(子どもの「なんで?どうして?」に答えるのは超簡単!これだけでOK!)にまとめてあります。

34:子どもの前で、不満を言わない

子どもの前で、愚痴や不満を言うのはNGです。

そうした親の行動が子どもに大きな影響を与えます。

あわせて読みたい
【親の背中を見て育つ】は本当だった!子どもに悪影響な親の行動とは?
【親の背中を見て育つ】は本当だった!子どもに悪影響な親の行動とは?子育てをしていると、子どもは「親の背中を見て育つ」と言われることが多くあります。実際に私が高校教師として10年間勤めた時も、「何でこんな性格なんやろうか~」と...

35:子どもと、外遊びを全力でしている

かっこいいパパになるためには、子どもとの遊びも大切にしなければいけません。

しかも、ただ一緒に遊ぶだけでなく、全力で遊ばないといけません。

たまには、大人が体力がなくなるくらい子どもと遊ぶのも楽しいものです。

もちろん、子どもにとっても、良い影響しかありません。

子どもの遊びについてのは、こちらの記事(子どもの【外遊び】の効果がヤバイ!絶対に遊ばせるべきこれだけの理由!)を読んでください。

 

36:子どもがしてはいけないことをした時は、しっかりと叱ることができる

しっかりと怒ることができるパパはかっこいいですね。

子どもはまだまだ未熟なので、物事の善悪がついていません。

いずれ子どもが大人になった時に、しっかりとした善悪の判断を持っていることもになるためには、叱る時には叱ってあげないといけません。

 

37:子どもに細かく口出しせずに、見守ることができる

男はどしっと構えて、子どもを見守ることができる。

そんな、パパはかっこいいですね。

口出しばかりしていると、子どもが無気力になってしまうこともあります。

子どもが無気力になる原因は親?その特徴と改善方法を大公開!にも書きましたが、意外と無気力の原因が親であることが多いです。

 

38:子どもの話をしっかりと聞くことができる

かっこいいパパとして、子どもの話をしっかりと聞くことができるようにしたいですね。

親の話を一方的に言うのではなく、子どもの話を聞いてあげる。

振り返ると、子どもの話を聞いてないことが結構あります。

そんなことでは、いざとなったら、子どもは言うことを聞いてくれません。

 

39:宿題を教えてあげられる

私の3人の子どもは、現在小学生です。

毎日ではないですが、一緒に宿題をすることがあります。

そんな時に子どもから質問されることがあるのですが、今のところはなんとか答えられています。(笑)

子どもの勉強を教えられるように、日々勉強しておきたいですね。

ちなみに、子どもの宿題は、学校から帰ってすぐやるのがオススメです。

その理由は、この記事(小学生の宿題は帰ってからすぐに!その驚きの効果とは?)を参考にしてください。

 

40:上手に褒めることができる

子どもを上手に褒めることができるパパは、かっこいいですね。

子どもにガミガミ言うのではなく、ここぞという時に上手に褒めることができる。

そんなイケてるパパになりたいです。

 

41:子どもに嫌われることを恐れていない

これ、意外とできていない人が多いんですよね。

嫌われることを恐れていたら、子どもに気を遣いながら生活しなければいけません。

そうではなく、人生の先輩として、毅然とした態度で接することができれば、子どもからも尊敬されるようになります。

 

42:子どもに謝ることができる

自分よりも弱い立場の人に、謝ることができる度量の大きさを持っていたいですね。

そうやって、親が悪いことをしたら謝ることで、子どもが悪いことをしても、素直に謝ることができます。

43:子どもが反抗してきた時に、喜ぶことができる

まだまだ小さいと思っていても、だんだんと成長しているのが、子どもです。

時には、子どもが反抗してくることもあります。

そんな時にでも、反抗を子どもの成長と捉えて喜べるかっこいいパパになりたいですね。

 

ってかここまでで、43個。

かっこいいパパになるために道は、長く険しいですね。

 

かっこいいパパのまとめ

かっこいいパパになるために、できそうなことを考えてみました。

まだまだ100個考え切れていないので、随時追記していきたいと思います。

ってか、これを全部できたら、完璧な父親になりますね。

自分で考えていてなんですが、こんなことできる人いるのかな?(笑)

でも、かっこいいパパになるために、頑張りたいと思います。

 

かずきのアイコン画像かずき
最後まで読んでくれてありがとうございます。ブログの更新情報は、Twitterで発信しています。ぜひとも、かずき(@kosodateriron)をフォローしてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

MENU
閉じる